に投稿 コメントを残す

max 関k8 カジノ年齢とともに変わる求められる能力仮想通貨カジノパチンコpc ゲーム 無料 アクション

max 関k8 カジノ年齢とともに変わる求められる能力仮想通貨カジノパチンコpc ゲーム 無料 アクション

max 関k8 カジノ年齢とともに変わる求められる能力仮想通貨カジノパチンコpc ゲーム 無料 アクション

映画 前売り 小 人k8 カジノ 年齢とともに

パチスロ 一時間 回転数 正社員であってもフリーエンジニアであっても、会社や顧客から求められるものは、年齢によって変わっていくのではないでしょうか。

 具体的に見ていきましょう。

 20代で必要なことは何でしょうか。基本的には、意味は分からなくてもいいから、とにかく目の前の仕事をこなしてほしいというのが、上司などの本音ではないでしょうか。これをITエンジニアで考えると、とくにく実装技術を磨いてくれ、というところでしょうか。基本的には言語やOS、データベースといった技術スキル(開発・実装中心、下流工程)を磨くことが重視されるはずです。その人への評価も、技術スキルや開発した成果物によって評価されることが多いと思います。

 これが30代になると、技術スキルだけではなくなります。技術力は当然として、それにプラスして、要件定義や設計能力(上流工程)、後輩への指導、メンバーの取りまとめなど、幅広いスキルが要求されるようになります。

40代、50代で求められるもの

 それでは、40代、50代になっていったときに求められるのはいかなるものでしょうか。

 一部には、本当に高い技術力を持ったスペシャリストもいるでしょう。

 しかしそうした存在は、残念ながら日本では例外扱いされるのが常ではないでしょうか。そんな伝説的なスペシャリストがどこかにいても、「あの人は特別だよ」と、ささやき合ったりしていませんか。

 一般的には、技術力ではなく、マネジメント能力が求められるのではないでしょうか。

 これは、40代になって技術力に磨きをかけたくても、技術の吸収力が20代、30代にかなわなくなるからもしれません。それだからこそ多くのITエンジニアは、40代以降になると、技術スキルでの勝負は若手に委ね、もう少し普遍的なビジネス能力が必要とされるマネジメント層にシフトしていく、またその必要があるのではないでしょうか。

年齢によって大切なV・S・O・P

 こうした年齢とともに必要なスキルを、一般化した数式はないものでしょうか。

 数式ではありませんが、数年前の話です。あるベンチャー企業の経営者から、次のような言葉を教えてもらいました。

 それは、「V・S・O・P」という言葉でした。その経営者がいうには、各年代によって、大切なもの(必要とされること)を、V・S・O・Pという頭文字で表すというのです。ブランデーの等級にもありますので、覚えやすいと思います。皆さんもぜひ、覚えてみてはいかがでしょうか。

20代はV(バラエティ)30代はS(スペシャリティ)40代はO(オリジナリティ)50代はP(パーソナリティ)

 これらは何を表すのでしょうか。

 勘のいい人は、分かるかもしれませんね。まずは20代。あまりこだわらずに、いろいろなことを経験しようというものです。そうしたバラエティ性が、20代には大切30代では、専門性が重要になるというのです。そして40代では自分らしく、50代では「人間力」が大切になるというものです。

 思わず頷いてしまいませんか。

 こうした年代によって大切なものは、正社員とフリーエンジニアに共通したものだと思います。皆さんはどう感じますか? こうした物差しを知ることも、自分の将来を考える際にもヒントになると思います。

著者紹介

リーディング・エッジ社 加藤千尋

神奈川県横浜市出身。大学卒業後、IT系の教育専門会社に入社し、インストラクターとして勤務。その後、派遣業界に転職し、採用活動・営業活動および稼働後のアフターフォローまでの一連の業務に従事する。2000年10月にリーディング・エッジ社に参画。

「次回」へ

「転職失敗・成功の分かれ道」バックナンバー 情報が転職を成功に導く年齢とともに変わる求められる能力論理思考は転職でどれほど大切かキャリアプラン、作成したことありますか?30代後半の転職、その現実とは?重要なのは、転職の目的を見失わないこと上流工程にいきたいなら新幹線に乗り換えろ転職理由は何ですか?転職には決断力とタイミングが重要これが資格の意外な活用法転職の成功を左右する「転機の見極め」転職に関する勘違いをただす第二新卒での転職、その落とし穴に注意を!転職できる企業情報の集め方転職で重要な自身の強み、理解している?転職先企業への先入観は排除しよう志望動機は直球勝負ばかりが能じゃない転職はやりたい仕事が分からないとダメ?面接は事前準備が肝心知人の紹介転職が意味するものは何?現在のスキルアップが将来を決めるタイミングと縁、そして運気を大切に年齢とスキルのギャップは恐ろしい転職における資格の落とし穴異なる文化の企業への転職。その現実転職を思いとどまり成功することもある新天地で活躍するには環境づくりが大切転職は最後が肝心――内定後のポイント退職活動の成否は第一声で決まる転職希望者と求人企業のすれ違い理想を持つことが良い転職への近道エンジニアのキャリアチェンジは可能か「転職」と「中途採用」の違い転職活動でもスピードは大切書類と面接が転職失敗・成功の分かれ道書類選考で落ちた企業に再挑戦して大逆転ビジョンの確立は転職活動前までに仮想通貨カジノパチンコ広島 jsports

に投稿 コメントを残す

オンカジ 当たりk8 カジノ3プロジェクト同時にリード! どう乗り切る?仮想通貨カジノパチンコ海 black ライト

オンカジ 当たりk8 カジノ3プロジェクト同時にリード! どう乗り切る?仮想通貨カジノパチンコ海 black ライト

オンカジ 当たりk8 カジノ3プロジェクト同時にリード! どう乗り切る?仮想通貨カジノパチンコ海 black ライト

全国 共通 映画 券k8 カジノ 「来る仕事は拒まず」が招いた試練

パラディソ 名取 スロット データ こんにちは。アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズの新楽です。今回は、プロジェクトの「掛け持ち」についてお話ししたいと思います。

 SE(システムエンジニア)として数年の経験を積み、プロジェクトのリードとして仕事をするようになってきたころ、3つのプロジェクトを同時に任されたことがありました。そんなに規模の大きいものではありません。6人のプロジェクト、3人のプロジェクト、1人のプロジェクトでした。こういった掛け持ちがこの業界にどのくらいあるのかは分かりませんが、複数の仕事が一気に来るなんてこと、よくありませんか?

 私にはあります。私の仕事のスタンスが基本的に「断らない」だからかもしれませんが……。頼られる(頼まれる?)と弱いのです。

 それに選んで仕事をすることを、あまりカッコいいとは思えないのです。以前、「それはぼくの仕事じゃないから……」とか「ぼくはJavaしかやりたくありません」のようなことをいっている光景に出くわしました。ポリシーを持って仕事をするのも、プライドを持って仕事をするのもいいと思いますし、そういう姿勢について批判する気はありません。しかしそのとき、第三者である私の耳には「ぼくにはできないので……」といっているように聞こえてしまったのです。それに自分で仕事の幅を狭めてしまっているようで、とてももったいないことだとも感じました。

 だからというわけではありませんが、私の場合、仕事に関しては「来るものは拒まず」という姿勢を貫き通します。さらに自分からも仕事を取りに行きます。特に、「無理じゃない?」と思われるような内容であればあるほど、「おいしい」と感じます(必ず最初に成功のイメージをつくっておくことがミソです)。

 今回は、その姿勢があだとなって訪れた試練についてのエピソードですが……。

次々とやってくる案件

 5~6年ほど前の9月ごろのことです。当時所属していた会社で、某メーカーの基幹システムリプレースのプロジェクトが始まりました。カットオーバーは翌年の3月予定。私は「けっこう厳しいけど、まぁ何とかいけるか……」と感じていました。

 と思っていたのもつかの間、データウェアハウスの構築コンサルティングを行ったことのある製造業のクライアントから、「ちょっと相談に乗ってほしいんだけど」と電話がありました。聞くと、「全社で散らばっている経費などのデータをデータウェアハウスに集めて、商品別の損益計算書を作成したいという話が経営企画室から上がっているのだが、どうしたらいいか?」というものでした。

 詳しく聞いてみたところ、かなりアグレッシブな、しかも経営側の案件ということで、とても興味深い内容でした。損益分岐点や限界利益など、それまでの私のキャリアの中ではあまりなじみのなかったことを考える仕事でしたので、私はどうしても自分の手でやりたくなってしまったのです。そこで営業とともに見積もりや作業スコープの調整を行い、この案件を正式に受注しました。カットオーバーは、翌年の4月予定でした。ということで2プロジェクトの並行作業が始まりました。

 1つ問題がありました。製造業のクライアントは少し場所が離れていて、移動にはロマンスカー(小田急電鉄)を使用する必要があったのです。最初は移動時間がもったいないと思っていました。しかし話が進んでくるにつれ、ロマンスカーでの移動時間は貴重な「考えを整理する場」兼「頭の切り替えの場」になりました。考えをまとめるには、ロマンスカーは最高でした。そんな状態でしたが、どうにかこうにか年を越すことができました。

 そして年明け早々、大きな試練(?)がやってきたのです。以前に基幹システムを導入したクライアントにデータウェアハウスを導入しようという話が営業から出ました。そこで取りあえず、営業とデモンストレーションに伺うと、「あれっ?」というくらい簡単に受注できてしまったのです。納期は3月末で……。

 「こういうときは、そんなものか……」と、私は勝手に納得していました。

3プロジェクト並行。スケジュールを引き直す仮想通貨カジノパチンコ中古 トラクター ローダー 付き

に投稿 コメントを残す

ブラック ジャック ギャンブルk8 カジノ分かりやすい提案書はアウトラインが美しい仮想通貨カジノパチンコbybit 会社 概要

ブラック ジャック ギャンブルk8 カジノ分かりやすい提案書はアウトラインが美しい仮想通貨カジノパチンコbybit 会社 概要

ブラック ジャック ギャンブルk8 カジノ分かりやすい提案書はアウトラインが美しい仮想通貨カジノパチンコbybit 会社 概要

slots win casino bonus codesk8 カジノ

ひぐらし の なく 頃 に パチンコ 設置 店 分量がある文書を作成する際には、文書全体の「アウトライン(骨格、構成)」をきちんと作り上げてから内容を記述する必要があります。今回は、「読みやすく分かりやすい提案書」にするアウトラインの作成方法について紹介します。

提案書の書き方について知りたい方は、以下の記事も参考になります・開発工程でSEが書く文書の基本・さらば、翻訳調の文章! 技術者向け校正ルール

読みやすい文書は「階層構造」をしている

 読みやすい、分かりやすい文書は、全体が階層構造になっています。文書は、一般的に下記のような階層で構成されています。

大見出し(章)中見出し(節)小見出し(項)

 階層構造は、複雑で大量の情報を含んだ文書の内容を、分類・整理するために必要不可欠です。階層化した文書は、各トピックで記述される範囲が決まっているため、焦点を絞って読むことができます。このことは、読者の理解を大いに助けます。

 階層構造の方法について、順を追ってみていきましょう。まず「大見出し」の層に分割します。その後に各「大見出し」を「中見出し」の層に、さらに必要であれば「中見出し」を「小見出し」に分割します。それぞれの層での分割の数は5から10程度にします。分割数が多すぎると、読み手が文書の全体像を把握できなくなる恐れがあるためです。

 記述量による分割方法もあります。分かりやすい文書にするためには、1つの項目の記述量が1ページ内に収まるように分割するといいでしょう。

提案書を階層構造にする

 提案書の「大見出し」には、次のような項目が考えられます。

システムの導入について(説得するための材料や情報)導入システムの概要開発プロジェクトの進め方見積もり

 これらの「大見出し」の下にある「中見出し」の項目は、次のようなものが考えられます。さらに必要であれば、「小見出し」の層に分割します。

1.システムの導入についてシステム導入の背景システム導入の必要性システム導入の目的顧客の現状現状の問題点システム導入の効果・成果・目標システム導入における課題実現の方針・方策・方法対象となる業務の範囲・領域2.導入するシステムの概要導入するシステムの構成システム導入後の業務フローシステムの品質条件、性能条件開発するシステムの範囲3.開発プロジェクトの進め方開発プロジェクトの進め方顧客に納入する成果物開発体制開発スケジュール4.見積もりコスト見積もり 「読み手が求める」提案書の展開#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコ箱 学 ジャージ

に投稿 コメントを残す

ハイ スクール フリート スロットk8 カジノ秋の情報処理技術者試験を振り返る仮想通貨カジノパチンコポケット ワイファイ 使い方

ハイ スクール フリート スロットk8 カジノ秋の情報処理技術者試験を振り返る仮想通貨カジノパチンコポケット ワイファイ 使い方

ハイ スクール フリート スロットk8 カジノ秋の情報処理技術者試験を振り返る仮想通貨カジノパチンコポケット ワイファイ 使い方

文藝 春秋 社 雑誌k8 カジノ

タイム パーク パチスロ 情報処理技術者試験は10月の秋試験が終わり、これで新試験制度の下ですべての試験区分が実施されたことになります。ITパスポートの新設、高度試験を中心とした試験区分の見直しが図られた新試験ですが、果たして出題内容に変化はあったのでしょうか。今回は、秋試験全般について振り返ることにします。

 秋試験の内容に触れる前に、まずは新試験に至った背景をおさらいしておきましょう。

試験改定の概要試験改定の経緯

 情報処理技術者試験の改定は、経済産業省が推進する高度IT人材育成の基本戦略「高度IT人材育成プラットフォームの構築」の一環として行われています。高度IT人材とは、「ITを中心とする高度な専門知識を持ち、ビジネスの場で活用する人」のことです。「課題解決や付加価値の創造、ビジネス革新を実現し得る創造的な実務能力を発揮できる人材」であり、今後のわが国の経済、社会システムの発展を支えていく中核として不可欠な人材としてその育成が急務であると考えられています。

 高度IT人材の育成(高度IT人材育成プラットフォーム構築)には、

高度IT人材モデルとスキルの定義、共有ITベンダ・ユーザーも含めた体系スキル獲得の仕組み(育成手法)スキルの客観的評価を行う仕組み

が必要であり、これらの枠組みを定めるために、『共通キャリア・スキルフレームワーク』が作成されました(平成20年10月に公表)。共通キャリア・スキルフレームワークでは、 キャリアとして3つの人材類型(さらに6つの人材像)と7段階のレベル(各人材に必要な能力と果たすべき役割の程度)を、また知識体系としてBOK (Body of Knowledge)が定義されています。

 共通キャリア・スキルフレームワークは、従来独自に発展してきた3つのスキル標準から成り立っています。すなわち、(1)ITスキル標準(ITSS:システムベンダ系人材が対象)、(2)組込みスキル標準(ETSS):組込み系システム開発人材が対象)、(3)情報システムユーザースキル標準(UISS:情報システム利用者の立場からITに携わる人材が対象)と、情報処理技術者試験などIT人材の評価指標が参照すべき共通モデルです。共通キャリア・スキルフレームワークを用いることで、各スキル標準がキャリア・スキルを相互参照します。また情報処理技術は試験でキャリアレベルの判定(レベル1~4のみ)を行うことが可能となりました。今後、人材育成・評価への活用増加が望まれます。

試験改定のポイント

 試験改定については、独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)の発表した「情報処理技術者試験制度見直しの考え方」で、以下7つの変更ポイントが掲げられていました。

(1)共通キャリア・スキルフレームワークに準拠した試験制度(2)共通キャリア・スキルフレームワーク レベル1に対応する試験の創設(3)ベンダ側人材とユーザ側人材の一体化(4)組込みシステムに関する知識・技能の重要性の拡大への対応(5)高度試験の整理・統合(6)最新の技術動向を反映して出題範囲の抜本的見直し(7)受験者の利便性の向上

 これらの意義・詳細などについては、IPAの資料あるいは昨年の記事「報処理技術者試験、新制度の全貌が明らかに」をご覧いただくとして、ここでは簡単にまとめます。

・試験区分が、共通キャリア・スキルフレームワークの人材類型とレベル(1~4)に対応

 各試験区分は、共通キャリア・スキルフレームワークに準拠して、表1のようにキャリアレベルと対応しました。ITパスポート(IP)から応用情報技術者(AP)までの基本系3区分は、ITユーザー、IT開発者のいずれにも対応する試験となっています。

人材類型

人材像

人材像の役割

レベル1

レベル2

レベル3

レベル4

情報処理技術者試験(試験区分)

基本 戦略系

ストラテジスト

ITを活用したビジネス価値の増大をリード

IP

FE

AP

ST

ソリュー ション系

システム アーキテクト

ビジネス戦略に対する最適なシステムをデザイン

SA

プロジェクト マネージャ

与えられた制約条件(品質,コスト,納期等)下で,信頼性の高いシステム構築を総括

PM

テクニカル スペシャリスト

データベースやネットワーク等の技術ドメインでの実装

NW、DB ES、SC

サービス マネージャ

継続的な高い信頼性を確保しつつ、システムを維持

AU、SM

クリエー ション系

クリエータ

新たな要素技術の創造等により社会・経済にイノベーションをもたらす

表1 共通キャリア・スキルフレームワークと情報処理技術者試験の対応 ※クリエーション系は、試験の対象外

 試験の出題範囲についても、共通キャリア・スキルフレームワーク知識体系(BOK)に対応し、午前試験の出題範囲が、表2のように再構成されました。ITパスポートから応用情報技術者の午前試験、高度午前?試験の出題範囲はすべて共通(全分野が対象)で、レベル(知識の深さ・技術水準)で差が設けられていることが特徴です。高度午前II試験は、各試験区分に固有の専門知識が問われるため、出題分野は異なります。

表2 共通キャリア・スキルフレームワーク(BOK)と試験出題範囲の対応表2 共通キャリア・スキルフレームワーク(BOK)と試験出題範囲の対応(クリックすると拡大)※数値の記入された項目が、当該区分の出題範囲を表す。 1~4は技術レベルを表し、4が最も高度、上位は下位を包含する。※(4)は出題範囲のうちの重点分野を表す。

 表2は、知識の中分類までしか掲載していませんが、詳細な内容については、 IPAの「試験要綱(出題範囲)Ver1.1」でダウンロード可能なので確認してください。小分類とその知識項目例(主要なキーワード)も掲載されていますので、各分野の内容を把握するために目を通しておくとよいでしょう。試験要綱は、このほかにも、試験体系、試験実施形式や採点方式、各試験区分の対象者像、業務と役割、期待する技術水準、午後出題範囲など有用な情報がまとめられていますので、ダウンロードしておくとよいでしょう また、IPAの同サイトに掲載されている「シラバス」には、各試験区分に要求される知識と技能が詳細に説明されており、高度試験午後問題でどのような内容が問われるのかを知る上で参考になると思われます。

・試験実施に関連した変更点

 試験区分ごとに、次のような特徴があります。

(ITパスポート) 午前形式の問題100問解答。

(基本情報技術者) マネジメント・ストラテジ系分野を午前・午後とも出題。午後試験に表計算を追加。プログラム言語(表計算含む)は、1問選択解答に減少。

(応用情報技術者) マネジメント・ストラテジ系分野を午前・午後とも出題。午後II試験は廃止。午後試験(旧午後?試験相当)は出題12問すべてが選択問題。

(高度試験) 午前試験が、午前?(共通知識)、午前II(専門知識)に分割。午前?は全高度区分で共通の試験に。また午前?試験については、免除制度が導入され、応用情報技術者・高度試験の合格・午前?試験で合格基準突破のいずれかの条件を満たせば、以後2年間の午前?試験の受験が免除される。午後?試験は、選択解答数が2問に減少(解答時間は同じ)。

(採点および合格基準) すべての試験で100点満点の素点方式を採用(ITパスポートは1000点満点)。合格基準は配点の60%以上(午後IIの論述試験はA~Dの4段階評価でAが合格)。

 以上、主だった点のみ列挙しましたが、詳細な内容については、情報処理技術者試験センター(JITEC)のWebサイトや「試験要綱」で確認してください。

秋期試験の総括仮想通貨カジノパチンコパチンコ 屋 一覧

に投稿 コメントを残す

宝くじ はずれk8 カジノ実はBlasterやNetsky並み?静かにはびこる“Gumblar”仮想通貨カジノパチンコマインスイーパー ゲーム

宝くじ はずれk8 カジノ実はBlasterやNetsky並み?静かにはびこる“Gumblar”仮想通貨カジノパチンコマインスイーパー ゲーム

宝くじ はずれk8 カジノ実はBlasterやNetsky並み?静かにはびこる“Gumblar”仮想通貨カジノパチンコマインスイーパー ゲーム

ニコン 評判 カメラk8 カジノ

バイスクル チップ 皆さんこんにちは、川口です。新型インフルエンザのニュースに慣れてきた今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか。

 インフルエンザにかからないのが一番ですが、それでも感染しまうのが人間の悲しいところ。最近では休校や感染者数のニュースもあまり聞かなくなりましたが、着実に感染は広がっているようです。幸いなことに、私はまだ感染していないと思ってはいます。怖いのは、感染したことに気付かずに生活していたり、高熱があったのに気付かずに生活していないかということです。いまのところ、まわりに感染者が出ていないので、対策の効果が出ていると思って生活をしています。

まん延するGumblar

 リアルなウイルスには悩まされていない代わりに、コンピュータウイルスには大変頭を悩まされています。私を悩ませているのはご存じ「Gumblar」と呼んでいるトロイの木馬です(国内では「Genoウイルス」とも呼ばれています)。JSOCのお客様でも多数の感染事故が発生しており、先日注意喚起を出しました

【関連記事】

Gumblarおよびその亜種に関する大量の感染事例について(LAC)http://www.lac.co.jp/info/alert/alert20091119.html

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(16)分かっちゃいるけど難しい、アカウント情報盗用ボット対策http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/column/kawaguchi/016.html

 JSOCでは、Gumblarをはじめとしたアカウント情報を盗用するボットを検知するオリジナルシグネチャ(JSIG)を追加して対応してきました。以下のグラフはお客様のシステム内からのインシデント発生件数の変化です。

図1 インシデント発生件数の変化図1 インシデント発生件数の変化

 2009年10月から検知件数が伸びている原因は、シグネチャをConfickerとGumblarに対応するように改良したことが影響しています。特定のお客様で多数の感染事故が発生していることも重なり、この時点ではGumblarに感染しているお客様はJSOC全体のわずか1%でした。

図2 Gumblarに対応したシグネチャ配信後のインシデント発生件数の変化図2 Gumblarに対応したシグネチャ配信後のインシデント発生件数の変化

 その後、Gumblarの検体を入手し、新たなシグネチャをお客様のIDS/IPSに適用開始したのが2009年11月16日です。その適用の直後から、大きく件数が増加しています。ここで増加したインシデントは、すべてGumblarが行う通信を検知したものです。つまり潜在的に感染していたGumblarを、新しいシグネチャを適用することで発見できるようになったのです。

 あまりの検知数の増加に、シグネチャを作った私たちも驚きました。シグネチャを作る以上、検知する自信があって作るわけですが、まさかこれほどまでにお客様のシステムがGumblarに感染しているとは想像しませんでした。

 11月16日以降は、JSOCで観測しているお客様の7%がGumblarに感染していることが分かりました。7%ものお客様が感染しているという状態は過去の歴史からみても異常な状態です。私のセキュリティアナリストの経験の中でもほとんど記憶にありません。これほどまでにたくさんのお客様のシステムでボットが感染していたことは2003年のBlaster、2004年のNetsky以来でしょう。

いま、起きている問題

 私たちがGumblarの行う通信を発見し、お客様にご連絡してもすぐに問題は解決しません。対象のPCでウイルススキャンをかけても発見されないことが多いのです。

 そもそもPCに入っている(はずの)ウイルス対策ソフトでスキャンをして発見されるくらいなら、初めからそのPCにはウイルスが感染せず、不審な通信をJSOCに発見されることもありません。つまり、不審な通信が発見された時点で、そのPCに入っているウイルス対策ソフトでスキャンをしても遅いのです。

 最近のボットは感染したと同時に、ファイアウォールやウイルス対策ソフトのアップデートを無効にします。攻撃者が念入りに作成したボットであれば、感染したPCでボットを発見することは至難の業です。感染したPCを見つけ出すためには、ボットが行う不正な通信を発見する必要があります。

 ボットに感染していることが判明したPCは、どのようなものが仕込まれているか分からないため、OSの再インストールをすることが必須です。しかし、業務で利用するPCであれば、OSを再インストールをすることは難しいでしょう。そのときにはウイルス対策ソフトの会社が提供しているオンラインスキャンがお勧めです。オンラインスキャンはブラウザさえあれば特別なアプリケーションをインストールする必要がなく、手軽に実施できます。オンラインスキャンを行う場合は以下の点に注意してください。

自組織で利用しているウイルス対策ソフト以外の会社のサイトを選ぶできれば複数社のサイトでスキャンを行うインターネットに接続する必要があるので、ほかのPCに迷惑をかけないようにする偽オンラインスキャンサイトに引っかからないようにする

 最初の3点はいうまでもありませんが、特に最後の偽オンラインスキャンサイトには注意してください。以下の2つの画像は検索エンジンで「online scan」といれて検索した結果ですが、偽オンラインスキャンサイトへ誘導する検索結果が上位に現れます。さも普通のオンラインスキャンができるサイトのように見せかけて偽のスキャンを行い、ボットを埋め込もうとしています。

図3 検索結果に表示される偽オンラインスキャンサイトの例図3 検索結果に表示される偽オンラインスキャンサイトの例

 しかも、これらの悪性サイトから仕込まれるボットは、ウイルス対策ソフトが対応していない場合も多く、さらに被害を大きくしてしまいます。参考までにこのような悪性サイトから埋め込まれるボットを無料のファイル解析サービス、VirusTotalで検査したところ、以下のような結果になりました。

図4 VirusTotalでの調査結果図4 VirusTotalでの調査結果

 41社のウイルス対策ソフトのうち、12社でしか発見することができませんでした。攻撃者も作成したボットをリリースする前にこのVirusTotalで検査し、どこの製品にも発見されないような状態であることを確認しているのでしょう。くれぐれも偽オンラインスキャンのサイトに引っかからないようにしてください。

Gumblarの対策は?

 あらためていうまでもありませんが、Gumblar対策は、PCの脆弱性管理と同義です。パソコンにインストールされているソフトウェアをアップデートしておけば被害に遭うことはありません。脆弱性がない状態を保ち続けることが難しいことだとは分かっていますが、これが最も有効な対策なのです。対策の詳細については第16回「分かっちゃいるけど難しい、アカウント情報盗用ボット対策」に記述していますので、それを参考にしてください。

【関連記事】

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(16)分かっちゃいるけど難しい、アカウント情報盗用ボット対策http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/column/kawaguchi/016.html

 ちなみに今回の注意喚起では、Gumblarが通信するIPアドレスを記載しています。JSOCで観測したGumblarの90%はこのIPアドレスへの通信を行っています。このIPアドレスへの通信をファイアウォールで制限してもらうことで被害を軽減することができるでしょう。もちろん、このIPアドレスでのアクセス制御はボットの改造に伴い、有効に機能しなくなる可能性があることを理解して行ってください。

ボットが狙う情報

 Gumblarに関しては、いまのところFTPのアカウントしか興味がないようですが、ゲームやインスタントメッセンジャーのアカウントを盗むボットもいるため、そのようなアカウントを盗用するように改造される日もそう遠くはないでしょう。いま、私が最も恐れていることは、各種クラウドサービスのアカウントが盗まれることです(この際、クラウドサービスがなんであるかという定義は脇に置いておくとして)。

 現在の企業システムでは、アカウントによるアクセス制御に加えて、IPアドレスでのアクセス制御も行われてきました。この場合、例えアカウント情報を盗まれたとしてもインターネット側から悪用することはできません。今後は企業システムがクラウドサービス(例えばパブリッククラウドなど)を利用するようになり、アカウントのみでアクセス制御が行われるようになる場面も増えるでしょう。

 クラウドサービスのアカウントが盗まれてしまえば、攻撃者は企業システムにアクセスし放題となりますので、アカウントのみでアクセス制御しているシステムは特に注意してください。これからクラウドサービスが普及するにつれて、新たな脅威が生まれてくると思いますが、クラウドサービスに関する私の見解は別の機会に書こうと思います。

 コンピュータウイルスには悩まされていますが、幸いなことにJSOCはまだリアルウイルスの大きな被害にはあっていません。24時間365日動き続けるJSOCにとって、コンピュータウイルス以上に悩ましいのがリアルなウイルスです。

 リアルウイルスのインシデントに備えるためには、セキュリティアナリストの補強が欠かせません。私はセキュリティアナリストにふさわしい人材を発掘するため、今夜も飲みに行くのでした。

Profile

川口 洋(かわぐち ひろし)株式会社ラックJSOCチーフエバンジェリスト兼セキュリティアナリストCISSP

ラック入社後、IDSやファイアウォールなどの運用・管理業務をへて、セキュリティアナリストとして、JSOC監視サービスに従事し、日々セキュリティインシデントに対応。

アナリストリーダとして、セキュリティイベントの分析とともに、IDS/IPSに適用するJSOCオリジナルシグネチャ(JSIG)の作成、チューニングを実施し、監視サービスの技術面のコントロールを行う。

現在、JSOCチーフエバンジェリスト兼セキュリティアナリストとして、JSOC全体の技術面をコントロールし、監視報告会、セミナー講師など対外的な活動も行う。

「川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ」バックナンバー 「DNS通信」記録していますか?――万一に備えたDNSクエリログの保存方法Web広告からのマルウエア感染「Malvertising」にどう対処すべきか中の人が振り返る「Hardening 10 ValueChain」――学びにつながった「トラブルの数々」とは無慈悲な専門家チーム「kuromame6」の暗躍に負けず勝利をつかんだチームは?外部リソースの活用もポイントに、「Hardening 10 MarketPlace」開催Hardening Projectから派生した「MINI Hardening Project」に行ってみた!「これさえしておけば助かったのに……」を避けるため、今すぐ確認すべき7項目アップデート機能を悪用した攻撃に対抗セヨ!工夫、工夫そして工夫――Hardening 10 APAC“運営”レポートウイルスとは言い切れない“悪意のあるソフトウェア”2013年のセキュリティインシデントを振り返るここが変だよ、そのWeb改ざん対応きっかけは不正侵入――私がセキュリティ業界に足を踏み入れたワケCMSが狙われる3つの理由FacebookやApple、MSまで……Javaの脆弱性を狙う攻撃の手口Hardening One、8時間に渡る戦いの結果は?そのときStarBEDが動いた――「Hardening One」の夜明け前ロシアでわしも考えた実録、「Hardening Zero」の舞台裏ちょっと変わったSQLインジェクション官民連携の情報共有を真面目に考えるアプリケーションサーバの脆弱性にご注意をIPv6、6つの悩み事スパムが吹けば薬局がもうかるJSOCに飛び込んできた不審なメール――これが標的型攻撃の実態だ東日本大震災、そのときJSOCはペニーオークションのセキュリティを斬る2010年、5つの思い出――Gumblarからキャンプまで9・18事件にみる7つの誤解曇りのち晴れとなるか? クラウド環境のセキュリティWebを見るだけで――ここまできたiPhoneの脅威不安が残る、アドビの「脆弱性直しました」ともだち373人できるかな――インターネットメッセンジャーセキュリティ定点観測実録・4大データベースへの直接攻撃Gumblar、いま注目すべきは名前ではなく“事象”Gumblarがあぶり出す 「空虚なセキュリティ対策」新春早々の「Gumblar一問一答」実はBlasterやNetsky並み?静かにはびこる“Gumblar”ECサイトソフトウェアはなぜ更新されないのか狙われるphpMyAdmin、攻撃のきっかけは?学生の未来に期待する夏米韓へのDoS攻撃に見る、検知と防御の考え方分かっちゃいるけど難しい、アカウント情報盗用ボット対策狙われる甘~いTomcat表裏一体、あっちのリアルとこっちのサイバー世間の認識と脅威レベルのギャップ――XSSは本当に危ないか?急増したSQLインジェクション、McColo遮断の影響は○×表の真実:「検知できる」ってどういうこと?ところで、パッケージアプリのセキュリティは?レッツ、登壇――アウトプットのひとつのかたち仮想通貨カジノパチンコブック パス パソコン

に投稿 コメントを残す

藤丸 くんk8 カジノ「PCでは見えないはず」に頼ることの危険性仮想通貨カジノパチンコonline casino games win real money

藤丸 くんk8 カジノ「PCでは見えないはず」に頼ることの危険性仮想通貨カジノパチンコonline casino games win real money

藤丸 くんk8 カジノ「PCでは見えないはず」に頼ることの危険性仮想通貨カジノパチンコonline casino games win real money

casino nok8 カジノ 無視できない“ケータイWeb”セキュリティ

メルカリ ブロック チェーン はじめまして。今回からこの連載を担当することになりました徳丸浩といいます。この連載では、携帯電話向けWebアプリケーション(以後「ケータイWeb」と表記します)のセキュリティについて解説します。ここでいう携帯電話とは、iモードやEZweb、Yahoo!ケータイなど、日本で従来、広く利用されているサービスを指します。一方、いわゆるフルブラウザやiPhone、Android端末などは含みません。

 ケータイWebは、一般のPCなどから利用されるWebと比較して、使用技術の90%くらいは共通です。しかし、残りの10%のために、ケータイWebならではのセキュリティ上の注意点があります。この連載では、そのケータイWebならではの部分にフォーカスして解説していきます。

 本連載の想定読者は、PHPやJavaなどでWebアプリケーションを開発しているプログラマやプロジェクトマネージャなど、「開発側」の方々、およびケータイWebを開発会社に発注する側の担当者など、現場寄りの方々です。できるだけ具体的な説明を心掛けますので、実務に役立てばと希望します。

ケータイWebはどこが違うのか

 さきほど、ケータイWebは、PCなどのWebと「10%程度違う」と説明しましたが、その10%とは具体的にはどこでしょうか。セキュリティに関係の深い部分のみ取り出すと、以下のようになります。

携帯電話事業者のゲートウェイの存在Cookieに対応していないブラウザJavaScript非対応HTMLソースの表示機能がない契約者固有IDの存在手軽さを求める要求そのほか

 以下、順に説明しましょう。

携帯電話事業者のゲートウェイの存在

 図1に、ケータイで用いられるネットワークの構成を示しました。

図1 ケータイWebネットワークの構成図1 ケータイWebネットワークの構成

 この図のように、ケータイWebでは端末が直接インターネットに接続されているのではなく、いったん携帯電話会社のゲートウェイを通って、そこでさまざまな処理がされてからインターネットにつながるように構成されています。ゲートウェイの機能や構成の詳細仕様は公開されていませんが、一種のプロキシとして動作し、認証情報を付加するなどの処理が行われていると推測されます。

 携帯電話会社のゲートウェイのIPアドレス一覧表が公表されていますので、Webサーバ側でリモートIPアドレスを調べることにより、確かにケータイからの接続であることを確認することが可能になります。いい換えれば、IPアドレスを調べることで、PCなどからの接続を拒否することができます。PCからの接続拒否は必須ではありませんが、拒否した場合、近年問題になっているボットやツールなどからの攻撃に対して効果的に防御することが可能となります。

Cookieに対応していないブラウザの存在

 NTTドコモのケータイブラウザは、最近までCookieに対応していませんでした。詳しくいえば2009年の夏モデル以降、「iモードブラウザ2.0」としてCookie対応がなされましたが、それ以前の機種ではCookieには対応していないのです。NTTドコモのシェアから考えて、インターネットに接続されているケータイのざっと半分がCookie非対応のブラウザを搭載していることになります。

【関連記事】“iモード2.0”はCookieやAjax、インライン動画に対応(@IT NewsInsight)http://www.atmarkit.co.jp/news/200905/19/imode.html

 Cookieは通常、セッション管理のためにセッションIDと呼ばれる識別子を保持するために用いられますが、Cookie非対応のケータイ端末を考慮して、ケータイWebの場合は、セッションIDをURLに埋め込むことが一般に行われています。

 しかしこの方法はセキュリティ上の問題を発生させる可能性があるため、注意が必要です。詳しくは、連載第3回のセッション管理のところで説明します。

ケータイブラウザはJavaScriptにも対応する

 NTTドコモは、前述のiモードブラウザ2.0の目玉機能として、2009年5月にJavaScript機能を搭載した携帯電話を発売しました。しかし、セキュリティ上の問題があったようで、リリース後すぐにJavaScript機能はいったん停止されました。

 しかし、2009年10月23日にNTTドコモからアナウンスがあり、10月末から段階的にJavaScript機能が再開されつつあります。従って、今後はケータイでJavaScriptが動作しても大丈夫なようにWebアプリケーションを開発しておかなければなりません。具体的にはクロスサイトスクリプティング(XSS)対策を怠らないことですが、詳しくは連載第4回(最終回)で説明します。

HTMLソースの表示機能がないことへの過信仮想通貨カジノパチンコ3 の 付く 日 パチンコ

に投稿 コメントを残す

パチスロ ストリート ファイターk8 カジノ第112回 「デジタル家電向けCPUの規格統一」に見る「地道な取り組み」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 中国 人

パチスロ ストリート ファイターk8 カジノ第112回 「デジタル家電向けCPUの規格統一」に見る「地道な取り組み」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 中国 人

パチスロ ストリート ファイターk8 カジノ第112回 「デジタル家電向けCPUの規格統一」に見る「地道な取り組み」仮想通貨カジノパチンコビット コイン 中国 人

ウルトラセブン キング ジョー バトルk8 カジノ 「頭脳放談」のインデックス

くじら 君 パチンコ連載目次

 実をいえば記事が出たタイミングでは読んでおらず、最近、教えてもらって読んだのだが、タイトルを見て「おやおや?」と思ってしまった。日本経済新聞(日経ネット)の「デジタル家電向けCPU、国内勢が規格統一へ」という記事のことだ。そんなすごい話があったんだっけ? このタイトルだけ見ると、押されっぱなしの国内各社が大連合を組んで乾坤一擲(けんこんいってき)、起死回生の一手を打つ、という筋書きが想像されてしまう。これだと第二次大戦における「バルジの戦い」か「栗田艦隊のレイテ湾殴り込み」に匹敵する壮途(そうと)というか、無謀な挑戦という雰囲気なのだが、それにしては扱いが小さいし、だいたい各社から力の入ったニュースリリースも出ていないようだ。

「ひと言でいうと」の危険性

 この記事を要約すると、「富士通、東芝、パナソニックなどがデジタル家電や携帯電話に搭載するCPUの規格を統一。早稲田大学の笠原博徳教授が考案したソフトウェア規格に対応するCPUを各社が開発することで、ソフトウェアの開発の手間を省く」といったものだ。

 どうも、どこかでフィルタがかかったのか、誰かが「前向き」なことをいい過ぎたのかして、それをまたまともに受け止めて「ちょっと」インパクトの強いタイトルに作り過ぎた感じである。ただ調べてみると、実際は地道な取り組みのようで、センセーショナルでもなく、実現性も十分にありそうだ。

 それにしても、技術的に深いものは、関係者以外のマスコミの方を含めた一般の人には、なかなか理解してもらえないことが多いように思われる。よく聞く言葉がある。

「ひと言でいうとどうですか?」

 ありがちな質問かもしれない。その記事が書かれるまでの伝達経路のどこかでそういう言葉が発せられたかどうかは知らない。一般論として、「この言葉は危ない」と指摘したい。まぁ、書く方にすれば(こうして書いている自分も例外でないが)、なるべく多くの人に読んでもらいたいから、平易に分かりやすく、誰にでも「分かる」ように、また、忙しい人に多くの時間をとらせないように「要点だけを短くまとめて」書こうとする。どの記事がそうだとはいわないが、「やさしく」した結果、まったくもって意味不明になる、ということがタマにあるのだ。自分も気を付けなければ。

 「高度な技術」を「ひと言」でまとめられる、という可能性は絶無ではないが、その「ひと言」はまた「高度な数式」であったりし、その理解のためには、その分野の何年間かの勉強が必須、ということがある。だいたい、ひと言、二言の言葉で本質が分かるようなものなら、とっくに誰かがやってしまっている、といってもよいだろう。それも3、4世紀も前にである。すでに21世紀になったはずだが、例えば2世紀前の19世紀の物理法則を読者が持っている「一般常識」として想定していいのは、専門書とか学会とかのレベルだけであろう。「マックスウエルの法則」を考えてもらえれば、言いすぎでないことは分かるであろう(マックスウエルの法則は、古典電磁気学の基礎ともいえるものだが、簡単に説明できないので、検索などして調べていただきたい)。マックスウエルは新撰組の土方歳三と同世代である。

 しかし応用した商品は、まず誰でも使えるのが普通だから、使えるものはみんな分かった気になる。実際の技術そのものは「魔法」のようなものなのだが……。そこで「魔法」の中を詮索することは止めて、その「期待効果」をもって「技術を理解」しようとすることになる。ところが新技術の「可能性」は大抵の場合、非常に大きい。別に法螺(ほら)ということでもなく。低い確率でも起こり得るのであれば「可能性」として否定しないのが自然科学系の「見識」であろう。そして普通、そんな確率は「現時点では」計算不能である。結果、「期待効果」が膨らみすぎ、実像とは大分違った異形のイメージだけが一人歩きをするようなことになる。

地道な効率化が成果を生む?

 今回、あわてて関係記事を漁ってみて、ようやく理解したつもりになったところでは、「通常のシーケンシャルなプログラム・コードに埋め込むことで、そのプログラム・コードの中に存在する並列性を効率よく抽出し、マルチコア・プロセッサ上で、効率よく実行できるようなプログラム・コードを自動生成できるようにするためのAPIとそれを使うためのコンパイラ(かなり高度ではあるけれど、一種のコンパイラ・プリプロセッサに見える)を作ったので、参画している各社で応用するつもりです」といった話のようだ。いまいち、どこの会社がどのくらい本気で、いつごろ、どのくらい応用するつもりなのかは分からない。

 いまや各社ともマルチコア・プロセッサは普通だし、そのハードウェア能力を引き出すためのソフトウェアの方がネックとなっているのは周知の事実であるので、ターゲットとしては、極めて適切なものである。

 また、大きなリスクもなさそうである。各社の既存のアーキテクチャはそのままに、APIをサポートするような比較的小規模なソフトウェアかハードウェアを設計し、既存のコンパイラの上に並列化をサポートするためのもう1つのコンパイラを被せればよいようだ。これで人手によるローレベルのプログラミングを何カ月も掛けてガリガリとやって性能を出していたところを、大幅に省力化できるのなら「ツールとしては」万々歳だ。昨今、どこの会社も乏しい資金の中でやりくりしているので、なにもかも自社でまかなうような時代ではない。他社と同じものであっても、大きなリスクがないのであれば、使えるものは使ってみる、というのが普通の態度であろう。差別化はまた別のストーリーだろう。

 しかしツールの性能の一部だけを取り出して、これを使えば「すぐに性能が何倍にもなる」あるいは「『世界』を『征服』できる」というような理解は大間違いだろう。確かに、人間の頭ではなかなか高い並列性を生かしきるようなプログラミングは難しく、今回のツールはその難しさを軽減してくれはする。けれども、「ある」ハードウェアの限界を超えるものではない。「高速化」という形か、同じ性能で「より低い消費電力」という形かは選択の余地があるが、ともかくハードウェアの性能を「使い切る」ための「お道具」である。確かに、その「お道具」としての性能は悪くないようだが、別に電動のドライバがなくてもネジを締めることはできるのだ。

 「効率化」というのは、ある特定の局面で何倍もの効果を上げることがある。実際、ベンチマーク・テストの結果を見ればそうだし、それを比較すること自体は間違いではない。しかし、「効率化」が効かない局面もまたあるのが普通だ。例えば、全体として40秒の仕事があり、うち20秒分は「効率化」のおかげで半分の10秒になったとしても、残りの20秒はそのままの時間がかかってしまうような仕事だったとすれば、30秒の仕事になる。エンジニアリングとしては10秒の短縮は大きな成果ではあるが、人間の感覚からすれば、40秒が30秒でもまだまだ長いかもしれない(人間の感覚は対数目盛りだ、ということを思い出すともっとよいかもしれない)。

 何も成果を貶そうというのではない。進歩のためにはいくつもの「効率化」を絶えず積み上げ、追求し続けることが必要だ、といいたいのだ。そういう努力を積み上げて、ようやく対数目盛りの1目盛りアップが達成され、一般の方々の「期待効果」に追いつくのである。

 そのためには「現代の魔法」にしか見えないような高度な理論やロジックを積み上げ続ける必要がある。「バルジの戦い」のように最初はうまくいっても補給が続かず頓挫したり、「レイテ」のように「なぞの反転」をして機を逸したりしては、折角の企図も身を結ばない。

 健闘を祈る!

筆者紹介Massa POP Izumida

日本では数少ないx86プロセッサのアーキテクト。某米国半導体メーカーで8bitと16bitの、日本のベンチャー企業でx86互換プロセッサの設計に従事する。その後、出版社の半導体事業部を経て、現在は某半導体メーカーでRISCプロセッサを中心とした開発を行っている。

「頭脳放談」のインデックス

「頭脳放談」

仮想通貨カジノパチンコサッカー 日本 代表 ユニフォーム 歴代 アウェイ

に投稿 コメントを残す

ミニロト 攻略 法k8 カジノ2012年、2000万ユーザーのアクセスが2カ所の接続ポイントに集中するのか?仮想通貨カジノパチンコパチスロ メイン 機種

ミニロト 攻略 法k8 カジノ2012年、2000万ユーザーのアクセスが2カ所の接続ポイントに集中するのか?仮想通貨カジノパチンコパチスロ メイン 機種

ミニロト 攻略 法k8 カジノ2012年、2000万ユーザーのアクセスが2カ所の接続ポイントに集中するのか?仮想通貨カジノパチンコパチスロ メイン 機種

東洋 経済 csrk8 カジノ インデックス

栗山 スロット連載目次

 「戦艦大和(ヤマト)の壮絶な最期」「大鑑巨砲主義への固執」という言葉が何度も脳裏をよぎった。

 NTTが次世代の通信インフラとして位置付ける、NGN(Next Generation Network、サービス名は「フレッツ光ネクスト」)の話を聞くにつれ、このようなネガティブ系フレーズが脳内でループ再生されるのだ。

 戦艦大和といえば、「巨艦こそが戦略の要であり国威を示すもの」という、過去の成功体験(日本海海戦の勝利など)の呪縛から逃れることができなかった、日本海軍愚策の象徴として語られることが多い。NGNのことを知れば知るほど、そのような印象が残像のようにちらつく。

 大鑑巨砲主義を連想してしまうのは、「ネイティブ方式」という、NTTが積極的に推進するプロバイダ(ISP)との接続方式において、そのインターネットとの接続ポイント(POI、Point Of Interface)が、2カ所(東京と大阪)に集約されるという部分(ほかに名古屋等にバックアップ用POIがある)。光ファイバーで提供されている「フレッツ光ネクスト」の場合、将来、相当数のユーザーがこの2カ所のポイントを通過してインターネットに接続することになる。

最大2000万のユーザーが2カ所の接続ポイントに集中する恐怖

 NTTは、2010年度までの光ファイバー加入者目標を2000万件としており、後述するように、現状のBフレッツユーザーを、2012年までに「フレッツ光ネクスト」に「強制収容」する計画を立てている。NGNとプロバイダの接続方式にはネイティブ方式のほかにも、別ルートとなる「トンネル方式」があるので、実際に2000万加入全員が、2カ所のポイントに集中することはない。ただ、NTTは、当然ながら自社に有利なネイティブ方式を積極的に営業するであろうから、膨大な数のユーザーが東京と大阪の2カ所のPOIから、代表プロバイダ(後述)を介してインターネットに接続することに変わりはない。

 この膨大なユーザーのトラフィックを2カ所のPOIからインターネットとやりとりするのだから、ネットワーク技術者などは、トラブルが発生したときのことなど、想像するだけでも身震いするのではなかろうか。NTTは、このために「かつてない巨大なルータをシスコに特注した」(関係者)そうだが、シスコ本社は、NTT以外に売れ先がない、そのような巨大ルータの開発を簡単にOKするはずもなく、「NTTが開発費を負担する」(関係者)ことで折り合いがついたらしい。なんだか発想的には、一昔前の電話交換機そのものという感じ。まさに、NTTの中には、戦艦大和的発想が脈々と息づいているのか。

 ちなみに、現在の地域IP網(フレッツ網)の場合、NGNとは異なり、直接接続するプロバイダは約160社ある。各プロバイダの会員ユーザーが、それぞれのPOIを通じてインターネットに接続するわけだから、まあ、分散されているというか、少なくともNGNのネイティブ方式よりは「インターネットのあるべき姿」に近いと思う。

NTTのネイティブ方式とプロバイダのトンネル方式の対決

 ここで、ネイティブ方式とトンネル方式の違いについて簡単に説明しておく。将来、各プロバイダは、どちらの方式でNGNと接続するのかを選択しなければならない。トンネル方式は、基本的に現状のBフレッツと同じ方法での接続と思えば良い。一方、ネイティブ方式というのは、各プロバイダは、3社に限定される代表プロバイダを介して、自社ユーザーにインターネット接続サービスを提供することになる。図を見れば分かるように、ネイティブ方式を選択したプロバイダは、自社でネットワーク機器などを持たなくても、プロバイダ業務を行うことができる。つまり、ユーザーのトラフィックを扱う業務は、すべて代表プロバイダに丸投げし、主にユーザーサポート、課金業務、ユーザー管理、コンテンツ提供といった業務を行うにとどまる。

 このNTT主導のネイティブ方式に対し「プロバイダの仕事を奪う死活問題」(あるプロバイダ幹部)として、各プロバイダの反発は強く、08年春あたりから、NTTとプロバイダとの間で、丁々発止の議論が行われてきた。NGNになったとしても、現状のBフレッツと同様にすべてトンネル方式だけにすれば話は簡単なのだが、「ラストワンマイルとプロバイダ業務が分業されているのは、先進国では日本だけ。ガラパゴスだ!」というNTT関係者もおり、NTT法で事業内容に制限を受けているNTTとしては、NGNを機に、風穴を開けたいというのが本音なのだろう。

 ただ、現状でもローミング事業者といった裏方企業にネットワーク部分を丸投げしているプロバイダもいるので、ネイティブ方式がすべてのプロバイダにとって、“迷惑な話”でもないようだ。煩雑でお金にならないネットワーク管理を代表プロバイダに任せてしまえば、ユーザー管理やアプリケーション系業務に専念することができ、クラウドの時代を迎え、新たなチャンスと考えるところもあるだろう。

 実際、BIGLOBEなどは、パーソナルクラウド戦略と称する(参照記事:BIGLOBE、1万台超のサーバを基盤に「パーソナルクラウド」)新しい事業を模索している。これなどは、プロバイダとして、脱ネットワーク屋を目指しているように映る。そういえば、BIGLOBEは、NGNに関するパブリックコメント(東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社の第一種指定電気通信設備に関する接続約款の変更案に対する意見募集の結果及び再意見の募集)で、ネイティブ方式に対し実に好意的な意見を述べている。まあ、同社の場合、旧電電ファミリー企業のNECグループということなので、NTT寄りの方向性を打ち出すのは当然で、さもありなんか。

 ちなみに、ほかの大手プロバイダはというと、@niftyはこの件に関していまだ公には態度を表明していない。ただ、@nifty関係者によると「代表プロバイダが正式決定する12月以降に決めればいいこと」と様子見の構え。また、OCNの場合、NTTグループということもあり、当然、NTT寄りの考え方なのかと思ったのだが「NTTグループだけに正面切って味方すると批判の対象になる。かといって、反対路線を打ち出すこともグループ企業としては難しい。微妙な立ち位置」(あるプロバイダ関係者)にいる。

ネイティブ方式とトンネル方式ネイティブ方式とトンネル方式 ネイティブ方式では、3社に限定される代表プロバイダにネットワーク関係の業務を丸投げする形になる。代表プロバイダーは09年12月ごろに決定する。トンネル方式は、従来のBフレッツと同様の方式宅内機器のアダプタのコストはユーザーが負担するのか!?

 気になるのは、NGNになったらNTT光ファイバーユーザーのインターネット接続はどうなるの? という部分であろう。結論からいうと、表面的には変化なし。契約しているプロバイダがネイティブ方式にくみしようが、トンネル方式を採用しようが、普通にインターネットを利用でき、料金請求はそのプロバイダから来る(はず)。

 ただ、宅内機器であるホームゲートウェイ(HGW)の入れ替え作業が発生する。NGNというのは現状のBフレッツとは異なるネットワークなので、専用のものが必要になるのだ。実は、HGWの仕様に関しても、NTT(ネイティブ方式)とプロバイダ側(トンネル方式)で熱い戦いが繰り広げられている。トンネル方式を利用する場合、プロバイダまでのネットワークを確立するための専用アダプタが必要になるからだ。

 NGN用のHGWにこのアダプタを内蔵するかどうか、あるいはアダプタのコスト負担をどうするのかで、NTTとプロバイダの意見が割れている。仮に、アダプタが外付けになり、コストもユーザーが負担することになると、トンネル方式のプロバイダが不利になるからだ。この部分は、ユーザーに直接関係する事柄であり前述のパブリックコメントでも、多くの意見が寄せられている。

 監督官庁である総務省も、調整の必要性を感じたのか、09年8月6日にNGNに関する約款を認可(東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社の 第一種指定電気通信設備に関する接続約款の変更の認可~NGNのIPv6インターネット接続に係る接続約款の措置)した際、異例ともいえる「答申書」を付け加え、12項目にも及ぶ条件をNTTに突き付けている。このアダプタの件についても、「NTT東西に対し、トンネル方式に係る利用者負担の軽減などに資する取組を積極的に行うように務めることを要請すること」と直接ではないが指摘している。

 あるプロバイダ関係者は、条件付き認可が出たことで「対NTTの第1ラウンドは終わった。これから秋に向け、アダプタの利用者負担の問題やプロバイダの接続費用負担の問題など、総務省、業界(ISP、メーカーなど)、NTTなどの間で、第2ラウンドの中で駆け引きが行われる」と明かす。

2012年度までにNGNに強制移行させられる事実

 前述のように、NGNになったからといって、ユーザーのインターネット利用方法が変わるわけではない。だから、ことインターネット接続という部分においては、「別にNGNにする必要ないよね」というのがユーザーの本音だと思う。だが、NTTにとっては、今後、NGNへの移行を進めたい大きな理由があるのだ。

 現状のBフレッツとNGNはまったく異なるネットワークで構成されている。それは、ラストワンマイルの部分も同様で、NGNの提供エリアでは、最寄りの電柱までBフレッツとNGNの2つのネットワークが敷かれている。ユーザーをBフレッツからNGNに移行させる場合、宅内への引込み線はそのまま利用して、電柱部分でNGNの装置につなぎ替えるのだ。

 NTTからすると、地域内にBフレッツとNGNユーザーが混在していると、2つの光ファイバーネットワークを維持管理しなければならず、コスト的にも歓迎すべきことではない。そこで、NTTは、現状のBフレッツユーザーの強制移行を実施する予定だ。NTT持株会社が、08年5月13日の決算発表の中で公開した資料(サービス創造グループを目指して~ブロードバンド・ユビキタスサービスの本格展開~)によると、2010年から2012年にかけて、「計画的マイグレーション」という言葉で「強制移行」を明言している。

NTTのラストワンマイルNTTのラストワンマイル

 ちなみに、この資料には、メタル電話の光ファイバーへの移行についても触れられており、それによると、交換機(D70・新ノード)の活用可能期間、メタル線から光ファイバーへの収容コスト、固定電話における制度(マイラインなど)、政府施策などの課題を検討して、2010年にその態度を明らかにする、とある。つまり、その先を見据えた場合、世の中からメタル線が消えて、光ファイバー一色に染まるということだろうか。「ネット接続は安価なADSLで十分」という人も多いだけに、大いに気になる。

 現在のNTT光ファイバー契約者の事業者別シェアは、7割を軽く超えている。FTTHにおいて、NTT独占を阻止しようとした電力系、USEN、KDDIといったライバル事業者もガリバーNTTの前に今一つ元気がない。光ファイバーインフラでは、まさにNTTの独占、つまりは、日本国中がNGN一色に染まる日がやがてやって来るかもしれない。

 そんなとき、古代史発掘世界遺産的ともいえる電話屋の思想で構築された、大鑑巨砲主義のNGNに自らのインターネット生活を託すことに、筆者は大いに抵抗がある。考えてもみよう。インターネットへの出口が1カ所に限定されているということは、情報統制だってその気になればできる。そもそも、インターネットというのは、自律・分散・協調思想の上に成り立つネットワークのはず。そこにカビの生えた自分たちの考え方を持ち込んで、強制移行という形でユーザーを巻き取ってしまうのか。不安だ。

「ものになるモノ、ならないモノ」バックナンバー テスラ車オーナーによる、衛星インターネット「Starlink」導入レポート! 気になる使い心地は?NFT市場は“うさんくさい”のか“夢がある”のか――NFTマーケットプレース Adam byGMOにクリエイター目線で聞いてみた投資額別に「松・竹・梅」で見る、理想のリモートミーティング環境――数千円+Zoom設定変更から数万円コースまでタイトーに聞く、データ分析基盤の導入効果――スマホ向けゲームで年間480時間の工数削減ビッグデータ活用時代に再注目 進化を遂げた「磁気テープストレージ」の実力とは「ローカル5G」は、エリアカバレッジがお寒い状況の「5G」を救い、日本のデジタル化を進めるかRSS、ライブドア、Weblio、7notes、FREETEL、神エクセル、みちびき――結局、モノになったのか? ならなかったのか?リモートワークの増加で日本のトラフィックはどう変わったのか? 動画サービスは?プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由「真のP2Pを実現した完全な水平分散型社会」を目指すNeukindの未来は、Libraか? Winnyか?米英で疾病の「診断」を下すAIドクターが登場。日本ではどうなるのか「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは日本版GPS“みちびき”が本格始動したら位置情報取得はどう変わる?――2018年AI IoT系記事閲覧数ランキング機械翻訳は、翻訳家の仕事を奪うのか――「人工知能」を作る上での良質な栄養素とは?成功した人が幸せになるのではなく、幸せな人が成功する――IoTで幸福度は定量化できるのか「日本版GPS“みちびき”本格始動で数センチ級精度の位置情報取得が可能」は本当か「スマートスピーカー」の中にある「人工知能」は何をしているのか、作り方から理解するなぜ人工知能研究でNVIDIAのGPUが使われるのか――安くて速いGeForceが尊ばれる理由ITエンジニアの副業はあり寄りのなし? なし寄りのあり?ボーカロイド教育版と「プログラミング的思考」は“AIリテラシー”を育むかスマホやIoT機器が生成するデータをお金に換える「IoTデータの証券取引所」と日本経済の行く末「神エクセル」が役所ではびこる理由日本の存亡を懸けた政府のIoT戦略。要は「セキュリティ」にあり日本発の定額制音楽ストリーミングサービスは黒船勢をどう迎え撃つかボランティアWi-Fiネットワーク構築集団「CONBU」の正体に迫る今ならランキング上位が狙える? Apple TVアプリ開発のススメ日本型シェアリングエコノミーのカタチ情報サイトのマネタイズの難しさ。その光と影作り手のモチベーションから見た「Apple Music」のカタチブラウザーだけでレコーディングできる時代がやってくる!実機を触って分かった、“使われる”Apple Watchアプリのキモ“子持ちの働く主婦が2年の間に70のアプリを開発して得た収入でMacBook Proを購入した話”ニコ動のコミック版? 動いてしゃべってアフレコできる「モーションコミック」を追う個人でもOKのLINE@、達人に聞く活用の極意「ゲームギフト」とリワード広告アプリの違いは?「KMDの森」で触る、感じる、描くを体験してきた開発者視点で見る、あのドデカい「iPhone 6/6 Plus」Apple Watchが殺すかもしれないもの、それは……?アイデアを世に問う試金石? クラウドファンディングの可能性固定回線とのセット割引、NTTドコモを縛るのは……脱「1億総縛り」を目指すスマホメーカースルー防止も? BLEがもたらすビジネスチャンスMVNOは死滅するのか? 大臣裁定申請を機に考えるその意義Amazonガチャ騒動から考える、サービス名と商標の関係タタミ12畳分の領域を「さあどうぞ、ご自由に」シンプルなUIにしたたかさも兼ね備えた世界に誇りたくなる日本発の音楽系サービス「nana」スマートフォン普及で爆発するトラフィックをさばけ!auスマートパスはAndroidアプリビジネスに新風を吹き込むか?ものになるモノ、ならないモノエモーショナルな文字入力を可能にした「7notes」の秘密「韓ドロイド」に見る1年後のAndroidアプリビジネス年末でJetty(絶対)にできる Android携帯サーバ活用インディ開発者よ、「ドコモマーケット」で稼ごうぜ!フェムトセル無料配布で浮上した「ただ乗り」問題iPad発売記念!モバイルルータや電子書籍へのインパクトは?5分で絶対に分かるリスティング広告+運用テクニックApp Storeの運営方針は第2ステージへ電子出版をめぐる4つの疑問AndroidアプリはビジネスになるのかiPhoneアプリにアプリ内課金を導入してガッチリもうけるのだマッシュアップを超えたマッシュアップを-Mashup Awards 5表彰式レポートiPhoneアプリに広告を挿入してガッチリもうけるのだ2012年、2000万ユーザーのアクセスが2カ所の接続ポイントに集中するのか?検索全盛の時代だから、ドメインの有用性を考えようiPhone Skypeとケータイ、通話に向いてるのはどっちだWiMAXの人口カバー率が7割になった2010年を想像してみようニッポンのiPhoneアプリヒットメーカーたちに続け!霞ヶ関も導入する!?クラウドコンピューティングの本質を理解するAndroidのオープン性でガラパゴスから脱出しよう2010年、本当にプロバイダビジネスは崩壊するのか?Mashup Awards授賞式レポート マッシュアップ+ひとひねり=MA4の受賞作モバイル「レイヤ2」の付加価値がもたらすメリットとは「着うた」とiTunes Storeの直接対決はあるのかiPhone 3Gでソフトバンクモバイルのネットワークが心配だニッポンのインディよ!iPhoneの「予想外」にカワイイ系で打って出よECネットワークは、ネット紛争の“遠山の金さん”モバイルビジネスのオープン化はこれからが本番マッシュアップの落とし穴。誰がために結び付けるのかGoogle Android用携帯アプリ作成のための基礎知識ケータイメールポータビリティは開国を迫る黒船となるか?「はてな」を作り出す人的ネットワークの仕組みとはそろそろブログ+RSSアプリでも作ってみませんか?プロバイダが考える安全なファイル転送のかたち次々と中小企業がネットビジネスから脱落する理由セカンドライフと実社会の経済格差=100倍の価値はFONはアクセスポイント持ち寄り型コミュニティを形成するか電力線というありモノでLAN構築!の現在過去未来マイクロフォーマット=Web2.0の真打ちとなるか?集合知を独自に検索して真実を導く、kizasi国内の総合辞書検索屋への挑戦者、ウェブリオとは?Webちらし、国産RSSリーダーのいきさつと人工知能化の野望API公開のずいぶん前からすでにWeb2.0でしたPマークは暗黒な大人社会の印籠以上になれるか?ネットの“あちら側”から迫り来るスパイウェアという見えない亡霊にどう対処する?一家に1つのレイヤ2ネットワークの時代はやってくるか月額1000万円が300万になる新・映像配信って?IrDA、Bluetoothを反面教師にしたZigBeeの実力は?ライブドアの無線LANに疑問をぶつけてみました1ギガ、本当に「現時点ではそんなもん不要」なのか?社内ブログはナレッジマネジメントツールとして機能するか?著者紹介ケータイ料金は半額になる

山崎潤一郎

音楽制作業に従事する傍ら、IT系のライターもこなす蟹座のO型。最近、iPhone楽器系アプリ演奏ユニット「The Manetrons」を結成し、iPhone楽器アプリの可能性を追求中。近著に、『iPhoneアプリで週末起業』(中経出版)

仮想通貨カジノパチンコ忠和 マルハン

に投稿 コメントを残す

仮想 通貨 調整 とはk8 カジノ第115回 流行りのクラウドは48コア・プロセッサで?仮想通貨カジノパチンコアベンジャーズ 甘

仮想 通貨 調整 とはk8 カジノ第115回 流行りのクラウドは48コア・プロセッサで?仮想通貨カジノパチンコアベンジャーズ 甘

仮想 通貨 調整 とはk8 カジノ第115回 流行りのクラウドは48コア・プロセッサで?仮想通貨カジノパチンコアベンジャーズ 甘

刀剣 乱舞 舞台 通販k8 カジノ 「頭脳放談」のインデックス

パチンコ エバンゲリオン 甘 デジ連載目次

 前回「第114回 AMDが描くCPU+GPUの先にスパコンが見える?」において、「AMDはヘテロなマルチコアでGPUを取り込んだスーパーコンピューティングを目指す」というような話を書いた。一方、Intelの方も新たなコンピューティングを狙っていた。どちらかといえば、Intelの方がよりトレンドに乗ったバッチリのキーワードを冠している。「シングルチップ・クラウド・コンピュータ」である。いまや業界の動向は、「クラウドにあらずんばコンピューティングにあらず」、という雰囲気で世のITはすべからくクラウドに向かっている。Intelの方が、ネーミングからしてもよいところを突いている。

コア数を増やしても単純に性能は上がらなくなる

 2009年12月に発表されたのは、48コアのチップである(インテルのニュース「将来のコンピューターの構造、PC やパーソナル機器の操作方法を一新するチップを公開」)。ただし、これはあくまで「研究用途」であって、商用化のプランが立っているものではない。これを大学やパートナー会社に配って「使い方」を研究してもらう、という方針のようである。

Intelが発表した48コア・プロセッサのダイ写真(Intelのニュースリリースより)Intelが発表した48コア・プロセッサのダイ写真(Intelのニュースリリースより)Intelは、1チップに48コアを実装したプロセッサを発表した。ただし、現時点はあくまでも研究用途である。

 リリースを読むと、商品としては現行製品の延長上にある6コアとか8コアの製品を2010年に発表する、などというくだりがわざわざ入っている。昔、周波数という数字1つで比較していたように、最近はコアの数だけで「凄いか凄くないか」判断するような風潮もあるので、いま48コアなどと打ち上げてしまうと、実際の商品ラインのインパクトが薄まってしまうのではないかとか、8コアの次は48コアになる、といったように誤解されないかとか、Intelのマーケティングの誰かが恐れたためかもしれない。コアの数だけで話をしていると誤解する人が出てくるかもしれない、という危惧はそのとおりだろう。しかし、この48コアというのは、従来の「シンメトリなマルチコア」製品とはまったく異なるコンピューティングの形を目指していることは明らかである。

 従来のマルチコアというのは、アーキテクチャ上は「何か特殊な機能に分化などせず」、主記憶を共有して、スレッドやプロセスごとにそれぞれ仕事を担うことで全体としてのコンピューティング性能を上げるというものであった。ご承知のとおり、このような伝統的なマルチプロセッサ・システムというものは、コアの数を増せば性能が線形に増すということはなくて、ある程度の個数を越えると、それ以上、コア数を増やしても性能は上がらなくなる。6コア、8コアといわれると、そろそろ限界が見えてくるのではないかという感じである。

応用はGoogleを参考に?

 それを乗り越えるためにどうしたらよいか。周波数に頼れなくなったいま、考えられることは1つである。並列度を上げるしかない。前回のAMDの場合は、「ヘテロなマルチ」の方向で、もともと並列度の非常に高いGPUという「異物」をCPUとジョイントさせることで、並列度を格段に上げようとしていた。当然、ハードウェアは機能で分化してくる。一方、Intelが目指しているのは「クラウド」である。たとえ同じコアを並べたとしても、「クラウド」となるとやはり機能でコアの役割も分化してくるはずといわなければならない。しかし、これは役割の分化であって、ハードウェアそのものに「異物」はいらないのかもしれない。

 まだ、Intelのこのチップを使った応用自体は分からないので、「クラウド」の代表選手というべきGoogleのシステムを参考に考えればよいだろう。Googleなど、マスタとチャンク・サーバ、マスタとタブレット・サーバといった具合にそれぞれの処理階層で役割は分化してハードウェアに割り付けられているようだ。多分、Intelも「クラウド」といっているからには、Googleを支えているGFS(Google File System:Googleが1Pbytes以上のデータを扱うために開発した分散ファイル・システム)やBigTable(分散ストレージ・システム:データベースに類似するデータ格納システム)に類似するシステムは当然研究しているのだろう(まぁ、はやりだし、みんなやっている。それだけにこのチップを使って「研究」したいと希望する人も多いのではないか)。

 そういうと単にGoogleのまねにとどまるようだが、しかしIntel独自のアドバンテージもある。Googleは「クラウド」という言葉もない時代に、数万台ものコアを結合したシステムを創造した。しかし、それは多数の基板とラックと配線でやったはずである。多分、初期は配線がのたくっていたのではないかと想像するのだが、どうか? きっと最近はシステマチックになっているのだろうが、それでも配線の量は大変かもしれない。

 ところが、Intelはその「配線」を半導体チップの上に収めてしまえるわけだ。自社の世界で最も集積度の高い半導体プロセスを活用してである。集積度にせよ、速度にせよ、そしてエネルギーの消費と発熱にせよ、Intelの方がことハードウェアに関しては「最適な」ものを作れる可能性が高い。そして、チップにしてしまえば、そんな「クラウド」なシステムのコストが劇的に下がる道筋がついた、ということになる。いまは巨大なコンテナ1個のマシンがシングル・チップになるかもしれない。

 そうなると、48個はスタートラインという数でしかない。日本語に翻訳されたニュースリリースにはその言葉が書かれていないが、クラウド・コンピューティングの思想をひと言でいうならば、「スケールアウト」である。「問題が大きくなったら、必要なだけ数を増やして乗り越える」という考え方だ。48個に縛られる必要はなく、480個でも10000個でもよくなければならない。伝統的な「シンメトリなマルチコア」ではそうはいかないが、それぞれの結合が緩く、「勝手に走れる」コアをネットワークでつないだような「クラウド」ならば、数を増やしただけ、性能を上げることができる。

 しかし、従来型のソフトウェアとはまったく違う思想でシステムが構築されなければならないことも事実である(見掛けは「一皮」かぶせて従来型に見せかけるというスタイルもあるが……)。クラウド型の場合、与えられた問題は、ほかと相談せず勝手に(並列に)取り組める小分けした小問題に分割して、別々のコアに割り付けて実行させ、その結果を統合して1つの結果に再構成する、という考え方となる。

 従前とどう異なるかは、データベースを実現する例で考えると分かりやすいかもしれない。従来型のリレーショナル・データベース・システムならば、データベースの設計段階で正規化を行って、冗長な重複したデータなどがないように設計するのが普通である。それぞれユニークなデータを格納している多数の表をキーで結びつけ、連携をとって処理していく。1つのトランザクションの間、一貫性を保つためにロックも必要である。多数のコアがてんでんバラバラに連絡なく処理できるものではない。ところが、クラウド型では、データが冗長だろうが、重複しようが、ともかく問題を多数に分割して同時に処理できるように配置するのが第一である。場合によっては丸々データを重複コピーしてしまってもよい。ともかく相互に関係なく並列に動作できるようにデータ構造を工夫する必要がある。また、複雑に連携をとるような操作は並列度を損なう可能性が高いから、見掛けはともかくハードウェアに近いレベルでは並列実行可能な単純な操作に帰着させないとならない。

 クラウド型のコンピューティングシステムは、Googleが先べんを付け、いまやWeb世界では当たり前になっているが、いまのところ応用分野はWeb世界ばかりに見える。多分、Intelはそれを、デスクトップからモバイル、組み込みに至る処理の隅々にまで広めたいのではないかと思う。かって、大型機をワンチップのマイクロコンピュータにしたごとく、現在のクラウドのデータセンターに相当するようなコンピューティング・パワーをワンチップに収めたいのだ。当然、扱うべき問題も現在のクラウドが扱っているようなデータベース的なものだけではなく、端的にいえば脳との直接インターフェイスのような、膨大かつ並列度の極めて大きくなりそうな問題にまで踏み出したいのだ、と思う。確かにそのポテンシャルはある。できたらとしたらIntelの思う壺だが……。

■関連記事

第114回 AMDが描くCPU+GPUの先にスパコンが見える?(頭脳放談)

■関連リンク

将来のコンピューターの構造、PC やパーソナル機器の操作方法を一新するチップを公開(インテル)筆者紹介Massa POP Izumida

日本では数少ないx86プロセッサのアーキテクト。某米国半導体メーカーで8bitと16bitの、日本のベンチャー企業でx86互換プロセッサの設計に従事する。その後、出版社の半導体事業部を経て、現在は某半導体メーカーでRISCプロセッサを中心とした開発を行っている。

「頭脳放談」のインデックス

「頭脳放談」

仮想通貨カジノパチンコマイナ ポイント チャージ やり方

に投稿 コメントを残す

アバランチ 仮想 通貨k8 カジノWebサーバから始めよう仮想通貨カジノパチンコパチンコ 台 新台

アバランチ 仮想 通貨k8 カジノWebサーバから始めよう仮想通貨カジノパチンコパチンコ 台 新台

アバランチ 仮想 通貨k8 カジノWebサーバから始めよう仮想通貨カジノパチンコパチンコ 台 新台

楽天 ウォレット ビット コイン 送金k8 カジノ プログラマの弱点(?)

うる星 やつ ら パチスロ ある程度の規模の開発プロジェクトでは、上流工程と下流工程、開発担当とサーバ担当、さらに開発担当のなかでもバックエンドのロジック担当とフロント周りの担当など、分業体制で進めていくのが一般的です。

 ここまできっちりと分業されていない場合でも、コーディングはプログラマが行い、本番向けのサーバ構築などは詳しい人に任せてしまうといったことは多々あります。

 こういった分業体制はもちろん理に適ったことなのですが、開発者が常にプログラマに徹してしまっていると、どうしてもサーバ知識が不足しがちになります。アプリケーションを動作させるために必要な最低限の環境を自分のPC上に整えたら、あとはひたすらコーディングの日々といったことの繰り返しになるので、なかなかサーバ知識が深まりません。

 その結果、開発中やリリース後に問題が発生した場合に、アプリケーション本体以外に原因があっても特定できなかったり、特定できてもどう対処して良いか分からず対応に時間がかかってしまったりといったことにもなりがちです。

 Webアプリケーションは、非常に多くのサービスに依存しています。ネットワーク上からサーバを特定する名前解決の仕組みや、アクセス制御の仕組み、Webブラウザの要求に応じるWebサーバやアプリケーションサーバ、プログラミング言語のエンジン、ときにはデータベースサーバやメールサーバなど、さまざまなサービスの組み合わせで、ようやくWebアプリケーションが成立するのです。

 Webアプリケーションを作っていて、「うまく動かない」「動くことは動くがパフォーマンスが極端に悪い」「プログラミングだけでは実現困難な要望が出てきた」「動作状況をログで確認したい」といった場合、サーバ知識があればずっとスマートに対処できる場合があります。

 本連載では、サーバに関して「なんとなく分かっている」「プログラマに徹している限り困らない程度には知っている」というような状態のまま日々を過ごしてしまい、不安や危機感を抱いているWeb系開発者のために、あらためてサーバに関する知識を深めてもらえるよう、さまざまなサーバアプリケーションの導入や便利な利用法、プログラムとの連携方法などを紹介していきたいと思います。

 なお、解説はLinuxやWindowsなどのサーバをベースに行いますが、サーバOSの導入手順に関しては割愛しています。Linuxは CentOS の5.3を、Windowsは Windows Server 2003を前提に解説します。

 また、Linuxサーバへは直接またはSSHなどでログインしてroot権限で作業可能であること、Windowsサーバへは直接またはリモートデスクトップなどでログインして管理者権限で作業可能であることを前提とします。

 プログラミング言語はPHPを例として解説する予定です。

Webアプリケーションが動くまで

 Web系開発者なら、おおまかに、クライアントからサーバに要求があって、サーバ上で要求に応じた処理がされて、結果がHTMLやJavaScriptでクライアントに返されて、それをクライアント側でWebブラウザを利用して閲覧するといったイメージはお持ちだと思います。

 最初はそれだけでも十分だったりしますが、実際に開発を進めていくと、期待したとおりに動かないとか、開発環境では動くのにお客さんのところでは動かないといった問題に突き当たり、おおまかなイメージだけでは説明できない事態に遭遇することがあります。このようなとき、プログラム本体しかイメージできていないと、なかなか原因を特定できません。

 まずは、WebブラウザとWebサーバ以外の主要な登場人物をいくつか取り込んで、Webアプリケーションの動作イメージを描いてみましょう。もちろん、あまりに詳細にし過ぎると訳が分からなくなってしまいますので、適度に端折ることも必要です。

●Webアプリケーションの動作イメージWebアプリケーションの動作イメージ

 上図のすべての要素が常に必要というわけではありませんし、ハードウェアやソフトウェアの構成もさまざまですが、主要な登場人物を図で表すと概ねこのようになります。ここに描かれていない新たな登場人物が出現した場合には、上図のどのあたりでどのような仕事をしているのか思い描いてみると良いでしょう。

 図を見ても分かるように、名前解決やアクセス制御といったアプリケーション以前の部分で問題が起きている(あるいは設定が間違っている)ときに、アプリケーションの中身を必死でデバッグしてみても、いつまでも原因にたどり着けません。

 目の前で起きている現象を見て、上図のどの辺りに原因がありそうかをある程度見極め、その周辺をログなどを頼りに調べるというのが問題解決の手順になります。

まずはWebサーバから始めよう

 さて、では具体的なサーバアプリケーションの紹介に入ろうと思います。どこから手を付けるか……といえば、これはやはりWebサーバでしょう。先ほどの図に表現されているWebアプリケーションをめぐる登場人物のなかでも、Webサーバはまず主役といって差し支えありません。

 Webサーバの代表選手といえばApacheです。Apacheに関しては、Linuxサーバを前提に解説します。CentOSをインストールする際に一般的なサーバアプリケーションを一緒にインストールしていれば、Apacheはすでに導入済みです。CentOSの5.3ではApacheの2.2.3が同梱されています。

 Apacheが導入されていない場合には、RPM【*1】のパッケージを、yum【*2】を利用して簡単にインストールすることができます。また、ソースコードを入手してコンパイルし、インストールすることも可能です。

【*1】 RPMとは、RedHat系のLinuxで利用できる、アプリケーションのパッケージ管理の仕組みです。目的のアプリケーションのパッケージを入手し、コマンドを実行することで簡単にインストールを実行することができます。また、インストール済みのパッケージの確認やアンインストールなどもコマンドで実行することができます。【*2】 yumとは、RPMによるアプリケーションパッケージの管理をより簡単に行うためのツールです。パッケージの所在(インターネット上のどこにアクセスすれば入手できるか)や依存関係なども考慮してインストールが実行されます。RedHat Enterprise LinuxやCentOS、Fedoraなどのディストリビューションで利用可能です。

RPMでのインストール

 まずは、Apacheがすでにインストールされているかどうか確認してみましょう。インストール済みの場合は、パッケージ情報が表示されます。インストールされていない場合は何も表示されません。

rpm -qa httpd*

 まだApacheがインストールされていない場合は、yumを利用してインストールしてみましょう。

yum install httpd*

 ここでは、「httpd*」とすることで関連パッケージもまとめてインストールしています。実行後に再びrpmコマンドで確認してみると、例えば以下のように表示されます(yumがインストールすべきパッケージを判断するため、Linuxのディストリビューションやバージョンにより表示結果は異なります)。

# rpm -qa httpd*httpd-manual-2.2.3-22.el5.centos.2httpd-2.2.3-22.el5.centos.2httpd-devel-2.2.3-22.el5.centos.2

 なお、すでにインストール済みのRPMのApacheをアンインストールしたい場合(別のバージョンをインストールしたい場合や、ソースからインストールしたい場合など)には、「yum remove httpd*」とすることで、Apacheに依存しているパッケージも含めて削除できます(実行前に削除対象となるパッケージが一覧表示されますので、よく確認した上でアンインストールします)。

 RPMのApacheを導入した場合、以下のようなディレクトリ構成となりますので、確認しておきましょう(これもLinuxのディストリビューションやバージョンにより異なります。またApacheのバージョンによっても異なる場合があります)。

/etc/httpd/ |- conf/ 設定ファイルの設置先 |- conf.d/ 分割された設定ファイルの設置先 |- logs ログファイルの出力先(/var/log/httpdへのシンボリックリンク) |- modules Apacheの拡張モジュール群の設置先(/usr/lib/httpd/modulesへのシンボリックリンク) |- run サーバプロセスのプロセスIDファイルの生成先(/var/runへのシンボリックリンク) /var/www/ |- html コンテンツの設置先となるドキュメントルート |- cgi-bin CGIの設置先 |- error エラーページの設置先 |- icons Apacheが表示するページで利用されるアイコン画像の設置先 |- manual マニュアルページの設置先 /usr/sbin/httpd Apacheのサーバプログラム本体/usr/sbin/apachectl Apacheの制御スクリプト/etc/rc.d/init.d/httpd Apacheの制御スクリプト(システムから制御するためのスクリプト)ソースからのインストール仮想通貨カジノパチンコfootball and rugby

に投稿 コメントを残す

パチスロ パチンコk8 カジノ企業でも情報整理で利用が進む「ポータル」の常識仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ゴールデンウィーク

パチスロ パチンコk8 カジノ企業でも情報整理で利用が進む「ポータル」の常識仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ゴールデンウィーク

パチスロ パチンコk8 カジノ企業でも情報整理で利用が進む「ポータル」の常識仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 ゴールデンウィーク

大学 ラグビー ライブ 配信k8 カジノ

1 月 23 日 スロット 今日において、インターネットを使用したWebサイトはさまざまなものがあります。このようなWebサイトを提供するうえで、インターネット上には「ポータルサイト」が存在し、企業は新しいビジネスをポータルサイトから発信していくことでビジネスを開拓しています。今回は、企業における「ポータル」について考えてみたいと思います。

 まず、最初にポータルについて説明します。そのうえで、ポータルを構築する方法として、JBossのフレームワークから学んでいきたいと思います。

「Yahoo!」「Google」などで知られる「ポータル」とは

 読者の皆さんは、「ポータル」という言葉の意味をご存じでしょうか。この言葉には、「入り口、玄関」といった意味があります。この意味から、ポータルとはインターネットにアクセスした際の「入り口」を指しています。

 その入り口で検索エンジンやさまざまなコンテンツをサービスとして提供するサイトのことを、一般的に「ポータルサイト」と呼んでいます。ポータルサイトには、読者の皆さんもご存じの「Yahoo!」「Google」「MSN」「goo」「livedoor」などの検索エンジンや各企業などが運営するさまざまなの種類のものがあります。

Yahoo! JAPAN via kwoutYahoo! JAPAN via kwout

 では、このようなポータルサイトの利益は、どのようにして得られているのでしょうか。それは、ポータルサイト内の広告収入や有料コンテンツなどからの収益となります。この広告収入は、ページビュー(PV)が多くなることによって増えていく仕組みになっています。また、有料コンテンツに関しては、各ポータルサイトの独自のサービスを用いることで普及を目指しています。

 このように、ユーザーにポータルサイトのアクセスをしてもらうために、各ポータルの運営会社はいろいろな工夫をします。例えば、ポータルサイトの入り口となるトップページのデザインを見栄え良くリニューアルしたり、各コンテンツやツール群などのサービスを使いやすくするために、ユーザビィティの向上を図ったりするなどが挙げられます。

Yahoo!JAPAN新トップページ公開 - ITmedia News via kwoutYahoo!JAPAN新トップページ公開 – ITmedia News via kwout

 これによって、ポータルサイトを使用しているユーザーの滞在時間を、少しでも長く確保して集客力の向上につなげているのです。

 ここまでで説明したポータルサイトは、主にインターネットを用いて一般のユーザーをターゲットにしたものです。では、ポータルサイトとは一般ユーザー向けにしか存在しないのでしょうか。このほかのポータルサイトの種類として、企業内で使用する「社内ポータル」「企業情報ポータル(EIP、Enterprise Information Portal)」というものが存在します。

企業情報整理におけるポータルの有効性

 社内ポータルとは、各企業が社内専用に使用するために提供するポータルサイトのことです。そのため、一般のユーザーからはアクセスできません。このような社内ポータルが出来た背景には、企業内の情報の一元管理や社員同士の情報共有の重要性が高まってきたことが挙げられます。

図1 社内ポータルのイメージ図図1 社内ポータルのイメージ図

 企業の社員数が多ければ多いほど、社員情報の管理や企業情報共有などは困難になっていきます。例えば、あるプロジェクトのメンバー情報や工数・進ちょく状況を確認したい場合や、社員の一日のスケジュールや取引先情報などをいち早く知りたい場合など、確認に手間と時間が掛かってしまいます。このようなことから、ビジネスをしていく上でタイムロスにつながり、結果としてコストが掛かってしまうのです。

 これらを解消するために、企業は、社内ポータルを活用することで社内に散在している業務データや情報資源を管理して、企業内の情報共有や伝達事項などを確認できるようにしているのです。

 さらに企業は、ビジネスの流れによって変化する業務内容の変化や新規ビジネスなども、この社内ポータルに機能の追加・拡張をしていくことで対応させています。このようなことから企業は、業務の効率化を図りコストの削減を実現可能にしたり、企業内の業務を見渡すことができるのです。

OpenPNEの社内SNSをもっと便利に活用するには?(2/3) - @IT via kwoutOpenPNEの社内SNSをもっと便利に活用するには?(2/3) – @IT via kwout

 では、このような社内ポータルを作るには、どのような技術を用いているのでしょうか。読者の皆さんもご存じのJava言語をベースとして開発するものもあれば、PHP、Ruby、.NET、C#などといった開発言語/環境をベースとして構築するものもあります。

SharePoint Server 2007の概要 - @IT via kwoutSharePoint Server 2007の概要 ? @IT via kwout

 また企業の社内ポータルには、Webブラウザを使用したもののほかに、C/S(クライアント・サーバ)型のものもあります。具体的には、Lotus Notesなどを指します。Webアプリの表現力が上がってきたこともあり、最近ではC/S型のポータルは、あまりないといっていいかもしれません(Eclipse RCPのような、C/S型のアプリケーション基盤も流行してきてはいますが)。

Webアプリにおけるサーバとクライアントの常識 (1/3) - @IT via kwoutWebアプリにおけるサーバとクライアントの常識 (1/3) – @IT via kwout

 各企業に見合ったものを選択して、社内ポータルを構築していく形です。

 ここまでで、読者の皆さんもポータルについてのイメージがわいてきたと思います。では、このようなポータルをJavaではどのようにして構築しているのでしょうか。まず次ページでは、Java Portlet Specificationというものを説明したいと思います。

Java標準のポータル仕様「Java Portlet Specification」仮想通貨カジノパチンコfifa 2 ultimate edition

に投稿 コメントを残す

パチンコ 屋 駐車 場k8 カジノメモリ管理を理解する(後編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 海 物語 4 スペシャル

パチンコ 屋 駐車 場k8 カジノメモリ管理を理解する(後編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 海 物語 4 スペシャル

パチンコ 屋 駐車 場k8 カジノメモリ管理を理解する(後編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 海 物語 4 スペシャル

fifa world cup 2022 qualifiers fixturesk8 カジノ メモリのretainやreleaseの定石

パチスロ シュミレーター ゲーム 前回「メモリ管理を理解する」では、オブジェクトの所有権の取得と解放の基本的な仕組みについて説明しました。

 ここで紹介したようなごくシンプルなプログラムであれば、どこでretainし、どこでreleaseするかについてあまり迷うことはないでしょう。

 しかし、一般的なアプリケーションの規模になると、多くのクラスやオブジェクトが複雑に関わってきますし、それらを多人数で分担して開発する場合もあります。

 そうなると、releaseを忘れて不要なオブジェクトがメモリ上に溜まっていき、メモリを食いつぶしてしまったり(これをメモリリークといいます)、逆に所有権を確保しなかったせいでオブジェクトにアクセスできなくなって異常終了したりといったことも起こり得ます。

 これを防ぐためには、ある程度の範囲でメモリ管理の責任を切り離して考え、それぞれの文脈のなかでつじつまが合うように実装していく必要があります。

メモリ管理の責任範囲

 オブジェクト指向でプログラムを作成する場合、処理単位はクラスとそのメソッドです。アプリケーション実行の一番外側はC言語のmain関数となりますが、アプリケーションの具体的なロジックをmain関数に直接記述することはほとんどありません。

 ですから、プログラムのメモリ管理の責任範囲は、クラスとメソッドの単位で切り離して考えればよいことになります。

 クラス単位で責任を持つべきオブジェクトは、そのメンバとなるインスタンス変数です。これは、前回のサンプルで示したセッターメソッドや、ほかにも例えばinitなどの初期化メソッドのなかでretainされ、所有権が確保されています。これらは、deallocメソッドでまとめてreleaseします。

 メソッド単位で責任を持つべきオブジェクトは、メソッドの内部で生成した(その時点でretainされた)オブジェクトです。メソッドのなかだけで使用済みとなった場合、これを解放する必要があります。

 一方、メソッド終了後もそのクラスで必要となるオブジェクトの場合、インスタンス変数にセットしておきます。その時点でクラス単位での責任範囲となりますので、最後にdeallocメソッドでreleaseします。

 また、同じくメソッドの内部で生成した(その時点でretainされた)オブジェクトをクラス側では保持せず(つまりインスタンス変数にセットせず)、メソッドの戻り値として返す場合があります。

 この場合も、生成時に発生した所有権についてはメソッドの責任範囲にありますが、メソッド内ですぐ解放してしまっては、戻り値を受け取った側で利用できなくなってしまいます。

 しかしながら、deallocで解放しようとしてもインスタンス変数で保持していないので、アクセスすることができません。このような場合には、後述するautoreleaseメソッドによって、のちのち自動解放されるように予約しておきます。

 メソッドが引数として受け取ったオブジェクトについては、受け取った時点ではメソッドの責任範囲にはありません。メソッド終了後も必要となる場合のみ、retainして独自に所有権を確保したうえで、インスタンス変数にセットしておきます。その時点でクラス単位の責任範囲となりますので、最後にdeallocメソッドでreleaseします。

 なお、オブジェクト生成時のalloc、明示的なretain のほかに、copyやmutableCopyでオブジェクトをコピーした場合にも所有権が発生(参照カウンタが1プラス)しますので注意してください。

半自動のメモリ管理(autorelease)

 releaseでメモリ領域を解放するということは理解いただけたと思います。しかし、実際にはロジックのなかで一時的に使うオブジェクトなど、いちいちreleaseのタイミングを考慮しながら実装するのは面倒ですし、メモリリークの原因にもなりがちです。

 このような場合を考慮して、Objective-Cにはオブジェクトを一定の範囲の最後でまとめて自動解放する仕組みが用意されています。この仕組みは、これまで連載で紹介したサンプルにもすでに何度か登場しています。

 自動解放の基本的な仕組みは、まずプログラムの特定の範囲(例えばmain関数の最初と最後や、アプリケーションのイベント開始から終了までなど)の開始部分で、一時オブジェクトの容れ物を用意します。次に、その範囲内で一時オブジェクトを作成した場合は、この容れ物に入れます。そして、その範囲の最後の部分で、一時オブジェクトの容れ物の中身をまとめて解放します。

 ごく簡単なサンプルを見てみましょう。

01 #import <Foundation/Foundation.h>02 03 @interface MyClass : NSObject {04 }05 – (NSObject *)createObj1;06 – (NSObject *)createObj2;07 @end08 09 @implementation MyClass10 – (NSObject *)createObj1 {11 NSObject *obj = [[NSObject alloc] init]; // (a)12 return obj;13 }14 – (NSObject *)createObj2 {15 NSObject *obj = [[[NSObject alloc] init] autorelease]; // (b)16 return obj;17 }18 @end19 20 int main(void) {21 22 NSAutoreleasePool *pool = [[NSAutoreleasePool alloc] init]; // (c)23 24 MyClass *myClass = [[MyClass alloc] init];25 26 NSObject *testObj1 = [myClass createObj1]; // (d)27 printf("%d\n", [testObj1 retainCount]); //28 29 NSObject *testObj2 = [myClass createObj2]; // (e)30 printf("%d\n", [testObj2 retainCount]); //31 32 [pool drain]; // (f)33 34 printf("%d\n", [testObj1 retainCount]); // (g)35 //printf("%d\n", [testObj2 retainCount]); //36 37 return 0;38 }main.m

a. createObj1メソッドは、alloc→initで生成したオブジェクトをそのまま戻り値として返します。

b. 一方createObj2メソッドは、alloc→initで生成したオブジェクトから、さらにautoreleaseメソッドを実行したうえで戻り値としています。

 このautoreleaseメソッドは、その時点ですでに用意されているはずの一時オブジェクトの容れ物(後述のNSAutoreleasePool)に、オブジェクトを登録しておくためのメソッドです。autoreleaseが実行された回数だけ、あとでreleaseされることになります。

c. ここでは、main関数全体を自動解放の制御範囲とするため、まずはmain関数の最初の部分で、一時オブジェクトの容れ物であるNSAutoreleasePoolのインスタンスを生成しています。これ以降、autoreleaseが実行されたオブジェクトは、このNSAutoreleasePoolのインスタンスに登録されることになります。

d. NSObjectのオブジェクトを1 つ取得しています(testObj1)。このとき、MyClassのcreateObj1メソッド(autoreleaseされていないオブジェクトを返すメソッド)を利用しているため、取得されたオブジェクトは、今後解放される見込みがありません。

 しかし、main関数側としては、testObj1を自分でallocしたわけではありませんので、releaseする対象とはなりません(自分の責任範囲にありません)。これでは、testObj1は片付けることができなくなってしまいます。

e. 次に、NSObjectのオブジェクトをもう1つ取得しています(testObj2)。このとき、MyClassのcreateObj2メソッド(autoreleaseしてからオブジェクトを返すメソッド)を利用しているため、取得されたオブジェクトは、のちのち自動解放されることが約束されています。

f. ここで自動解放の制御範囲が終了となるため、一時オブジェクトの容れ物であるNSAutoreleasePoolを解放します。解放にはdrainメソッドを利用します。この時点で、容れ物に登録されたオブジェクト(この例ではtestObj2)もreleaseされます。

g. testObj1は誰も解放していないので、参照カウントは1のままです。こういったオブジェクトが蓄積していくと、メモリリークの原因となります。一方、testObj2はfですでに解放されています。上記のコメントを外すとエラーになります。

autorelease済みのオブジェクトを返すメソッド

 第4回「変数のデータ型や文字列の扱いを理解しよう」の文字列クラス(NSStringクラス)の説明のところで、オブジェクトの初期化メソッドinitWithCString:encoding:と、オブジェクトの生成メソッドstringWithCString:encoding:について述べました。

 initWithCString:encoding:は、allocしたあとに呼び出すことでオブジェクトを初期化します。この方法でオブジェクトを生成した場合、releaseのタイミングは自分で考慮する必要があります。

 一方、stringWithCString:encoding:は、alloc→init→autorelease まで手続きを済ませたオブジェクトを返してくれます。すでにNSAutoreleasePoolが用意されている文脈内でこのメソッドを利用してオブジェクトを生成すれば、のちのオブジェクト解放について意識する必要はなくなります。

 Objective-Cの多くのクラスでは、上記のように単に初期化を行うメソッドと、alloc→init→autorelease を一気に行ってオブジェクトを生成してくれるメソッドの2パターンが用意されています。

 これらはメソッドのネーミングルールが統一されており、初期化メソッドは「initWith~」、インスタンス生成メソッドは「xxxWith~(xxxには “string” や “array” など、オブジェクトの汎用的な名称が入ります)」のようになっていますので、慣れればすぐに使い分けられるようになるでしょう。

全自動のメモリ管理(ガベージコレクション)仮想通貨カジノパチンコaupay プリカ