に投稿 コメントを残す

パチスロ サラリーマン 番長 2k8 カジノ13人のプロフェッショナルに聞いた――「HTC J One」の魅力と新しさ仮想通貨カジノパチンコ日本 サッカー 代表 試合

パチスロ サラリーマン 番長 2k8 カジノ13人のプロフェッショナルに聞いた――「HTC J One」の魅力と新しさ仮想通貨カジノパチンコ日本 サッカー 代表 試合

パチスロ サラリーマン 番長 2k8 カジノ13人のプロフェッショナルに聞いた――「HTC J One」の魅力と新しさ仮想通貨カジノパチンコ日本 サッカー 代表 試合

live casino online slotsk8 カジノ

ブラッド プラス スロット 設置 店 フルメタルボディ、UltraPixel、HTC Zoe™、デュアルフロントスピーカー、HTC BlinkFeed™など、さまざまな新しい特長を持つスマートフォン「HTC J One」。まだ発売前ということもあり、「実際に使ってみてどうか」が気になる人も多いのではないだろうか。そこで、5月20日に開催されたイベント「Meet the HTC Night」にて、スマートフォン、カメラ、オーディオに造詣の深い方々に、実際にHTC J Oneを試してもらい、上記の新しいポイントを中心に感想をうかがった。HTC J Oneの購入を検討している人は、ぜひ参考にしていただきたい。

photophoto「HTC J One」photophoto「Meet the HTC Night」には多くの記者とブロガーが集まった(写真=左)。HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏も登壇した(写真=右)

 今回話をうかがったのは、ジャーナリストの神尾寿氏、西田宗千佳氏、ライターの青山祐輔氏、フォトグラファーの荻窪圭氏、永山昌克氏、矢野渉氏、郡川正次氏、三井公一氏、ミゾタユキ氏、写真家の武藤裕也氏、ライターの野村ケンジ氏、オーディオ・ビジュアルライターの折原一也氏、ジャーナリストの潮晴男氏の13人。以下、項目ごとに感想を紹介したい。

ファーストインプレッション:(ボディが)薄い、(質感が)高い、(動作が)速い

 パッと見の第一印象では、やはりアルミボディが目に飛び込んでくるので、デザインに言及する人が多かった。少し使ってみての印象は、操作レスポンスの速さに感心する声も挙がった。西田氏はトークセッションのときと同じく、欠点の少なさを賞賛している。

 「カメラ機能をはじめ『スマートフォンならでは』を突きつめて考え抜かれた諸機能は使いやすく秀逸な出来映え。一方で独自仕様・独自UIの部分も多々あるので、一般ユーザー層には少々手を出しにくい部分があるのも確か」(神尾氏)

 「非常に完成度が高く、『ここがダメ』と指摘しにくい製品だと感じました。特にソフトウエア面でのチューニングの確かさが良いと思います」(西田氏)

photophoto神尾寿氏(写真=左)と西田宗千佳氏(写真=右)

 「メタルボディの高い質感と、持ちやすさとスマートさを両立したデザインだと思います。またソフトも、BlinkFeedのように、メールやニュース、ソーシャルがすべて1カ所で見られるのは、スマホを“ながら見”する際にちょうど良いと思います」(青山氏)

 「デザインや質感に個性がある上に、その個性が使い勝手を増しているという印象です」(荻窪氏)

 「高品位な外装に物欲を刺激されました。液晶の見やすさに感心しました」(永山氏)

 「薄い。実際にはそこそこの厚みはありますが、背面のラウンドフォルムが『薄さ』を強調するデザイン。手にもなじみます。また、クアッドコアの威力なのか、とにかく動きが早い印象。どんな作業も同じようにこなすので拍子抜けするほどでした」(矢野氏)

 「薄い、質感がよい、速い」(三井氏)

 「BlinkFeedがよさそう。画面や文字が見やすい。フォントはかわいい感じがしませんが、年配の方も見やすくていいと思いました。外観がいい感じです」(ミゾタ氏)

 「斜めからの視認性が高いので、ローアングル・ハイアングルからの撮影がしやすい」(武藤氏)

 「金属の質感と丸みを帯びたデザインが良い」(野村氏)

 「Android端末のスタンダードとなる有力候補機が登場したと思いました」(折原氏)

ボディ:アルミの質感を評価する声が大多数

 背面パネルにアルミを採用していることもあり、ほとんどの人が質感の高さを評価していた。一方で、丸みを帯びて持ちやすい反面、ツルッとすべて落としそう、と心配する声も。落としてボディにキズを付けてしまっては一大事。慎重に取り扱えば、さらに愛着が増すのではないだろうか。

 「金属を多用したユニボディの質感は確かに高い。しかし、手にしたときに滑りやすく、取り扱いには注意が必要そう。またデザインの完成度が高すぎるため、ケースやシールなどで“デコる”という女の子的な楽しみ方には不向き」(神尾氏)

 「5インチクラスに比べ、ちょっと小さいだけですが、かなり持ちやすく感じます。アルミボディの切削(せっさく)加工のレベルも、非常に高いと思います。他方で、この質感を生かしたビビッドなカラーのモデルは欲しがった、とも感じます」(西田氏)

photo青山祐輔氏

 「ボディのサイドがディスプレイ側に向かってスラントしているので、自然に手のひらに収まります。程よい画面サイズとも相まって、片手で持ったときにバランス良く持てると思います。バックパネルも、プラスチックに薄いアルミ板を張り付けたものではなく、無垢材からCNCで削り出しており、モノとしての高い存在感があります」(青山氏)

 「デザインは素晴らしい。アルミの質感といい微妙な湾曲といい、フロントパネルのデザインといい、モノとしての良さを感じられます。特に剛性感があってしっかりしているのがよい。ただ、手で持ったときに横幅が少し広く感じました。全体にマットな触感でさらっとしているため、手から滑って落としてしまう心配をするかもしれません」(荻窪氏)

 「質感は良好ですが、ボディが滑りやすいのが気になりました」(永山氏)

 「アルミそのものの表面処理(梨地処理)がとても細かくて高級感を増している印象。前面と背面のアルミ削り出しのパネルを貼り合わせていますが、側面だけがプラスチックなのが残念。完全なアルミモノコックボディが実現できたら、さらに尖った製品になったと思います」(矢野氏)

 「手にしたときの、ひんやりとした金属質感が心地よい。周辺部が薄くシェイプされているので持ちやすい。ブラックモデルが気に入りました」(郡川氏)

photophoto郡川正次氏(写真=左)と永山昌克氏(写真=右)

 「iPhone 5をだいぶ意識した印象を受けますが、質感や作りに関しては、Androidの中で群を抜いていると思います。シャープなエッジで大画面なのに持ちやすく感じました」(三井氏)

 「思ったよりも軽い。質感と手触りがいいので、カバーを付けずに使いたいと思います。嫌味のないオシャレなシルバーだと思います」(ミゾタ氏)

 「強すぎない丸みがいいですね。高級感がありながら、柔らかい親しみやすい印象があります。あまりに薄いので、バッテリー容量を確認してしまうほどでした」(武藤氏)

 「アルミボディはひんやりとした質感がとてもいい。丸みを帯びたデザインも持ちやすい。ただ、持ちやすいのは反面、手からスポッと抜けて落としやすいということもあるので、そのあたりは難しいですね。両立させたデザインができるといいのですが」(野村氏)

 「国産端末メーカーの出す派手な色合いや、丸みを帯びた癖のあるデザインでもないので、万人受けしそうですね。ディスプレイ部のブラックと筐体部のツートーンカラーのデザイン性が素晴らしい。あとは、4.7インチは5インチと比較して持ちやすさにアドバンテージがあります。背面の手触りはザラついていて持ちやすく、タッチパネルはスイスイと動作する。まさに理想の操作性です」(折原氏)

 「大きい。重量感がある」(潮氏)

UltraPixelとZoeカメラの感想仮想通貨カジノパチンコ安 城市 パチンコ 店